コクヨの紙・イラストボード・ロール紙

  • 対象商品:1
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

紙の厚みについて

紙の厚さは坪量(つぼりょう)と連量(れんりょう)という2種類の単位で表します。
坪量・連量はそれぞれ表す内容が違っております。それぞれが表す内容と計算方法をご紹介します。まず【坪量】は紙の重量表示の方です。一定面積あたりの重量を表しており、平方メートルあたりの重さが基準となり、表示には[g/㎡]を使います。坪量[g/㎡]表示の場合は、同じ厚さの紙は寸法が違っても同じg/㎡数になります。次に【連量】ですが、「連」とは「同一規定寸法に仕上げた紙1,000枚」を表す単位です。板紙の場合ですと、100枚で1連とします。例えば、4/6判の紙の場合は4/6判が規定寸法になり、その1,000枚の重量が「連量」となります。連量の表示は[kg]を使います。連量[kg]表示の場合は、同じ厚さの紙でも寸法が違えば、kg数は変わってきます。

紙の厚みについて2

重いからといって、必ずしも触った時の厚みがあるというわけではありません。同じ重量の紙であっても、表面の凹凸具合によって、触った時の厚みの印象が異なってきますので、ケント紙などの表面がつるつるした紙は薄く、水彩紙などの表面にざらつきがある紙は厚く感じます。また、同じ紙で複数の種類の紙肌(目)がある場合は、そこでも変わってきます。わかりやすい例ですと、水彩紙などの場合、「同じ種類」「同じ重量」の紙でも、細目、中目、荒目によって厚みの印象が異なります。それは、同じ重量でも表面の凹凸具合が異なる為で、細目が薄く、荒目が厚く、中目がその中間といった具合になります。尚、「同じ種類」「同じ紙肌」の場合は重量が多くなればなるほど厚くなりますので、その場合は軽い方が薄く、重い方が厚い仕上がりになってます。

大作の制作におすすめ!【ロール紙】

水彩画・パステル画・色鉛筆画等で大きなサイズの作品を描きたい場合は、ロール紙の購入がおすすめです。使い勝手のよいサンフラワーA画学紙から、KMKケント紙、高級水彩紙に至るまで様々な用紙がロール巻で展開されています。例えば【ホルベイン ウォーターフォード水彩紙 ホワイト1.52×10m巻】であれば、F120号(1940×1303mm)相当の木製パネルに水張りをすることで、迫力のある大作の水彩画を描くことが可能です。また、数メートルもある絵巻物を制作したり、ワークショップで活用するなど使用方法は様々です。その他、子供たちの共同制作などにも向いており、学校等でも広く活用されています。ロール紙を使うことで、規定の紙のサイズに囚われないのびのびとした作品が描けるようになります。

イラストボードとは

イラストボードとは水彩紙やケント紙等と厚紙を貼り合わせ、ボード状にした支持体です。水彩・アクリル・色鉛筆・マーカー等、幅広い画材を使ってそのまま描き始めることが出来ます。強度があり水張りも不要な為、制作時の紙の波打ちやシワが気になる方におすすめです。

イラストボードの特徴と種類

イラストボードは画材や用途に合わせた様々な種類が御座います。人気商品である【KMKケントボード】はデザイン画・イラスト制作等に幅広くお使い頂けるタイプで、ディスプレイ用の作品にも適しています。その他、根強い人気のある水彩紙をそのままボード型にした【ホワイトワトソンボード】、【ワーグマンボード】、【シリウスボード】も御座います。水彩紙は絵具・インクの発色が優れており、色のにじみやぼかしをより美しく表現することが可能です。その他、色画用紙のイラストボードをお探しの際は【NTラシャボード】、【タントボード】がおすすめです。色数が豊富で、カットすることでも様々な用途で活用できます。小物を撮影する際の背景に使用するのもおすすめです。

コクヨについて

「コクヨ」は1905年(明治38年) 創業者黒田善太郎により開業された、和式帳簿の表紙を製造する「黒田表紙店」が礎となりました。1914年(大正3年)「黒田国光堂」、1917年(大正6年)「国誉」、1961年(昭和36年)「コクヨ株式会社」と社名を変更、現在はステーショナリー業界のトップ企業となっています。コクヨグループは、文具、事務用品を製造・販売するステーショナリー関連事業と、オフィス家具、公共家具の製造・販売、オフィス空間構築などを行うファニチャー関連事業、オフィス用品の通販とインテリア・生活雑貨の販売を行う通販・小売関連事業から成っています。1905年の創業以来、「世の中の役に立つ」、すなわち一人ひとりの成功・成長をサポートすることで、社会全体をじわじわと豊かにしていくことを企業の目的(企業理念)としています。コクヨグループは今後も働く人・学ぶ人の知的活動を豊かにする商品・サービスの提供を通じて「国の誉(コクヨ)」の名に見合う、選ばれ続ける企業を目指すことを掲げています。ステーショナリー事業は、「個客」への提供価値にこだわり、その価値を最大化していく開発・生産・販売・物流のバリューチェーンを体現する「事業機軸」の経営を掲げています。
価格