呉竹の筆筒・筆巻

  • 対象商品:1
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

筆筒・筆巻の新着商品

筆巻について

筆巻とは細長い竹を糸で繋ぎ合わせてあり、筆を持ち運びする際に使用するアイテムです。巻き寿司を作る際に使う巻き簾に形が似ていますが、片方には紐とその先に[笹止め]という筆巻を固定する為の留め具が付いているのが特徴です。筆巻は主に書道道具として使われますが、水彩筆用としても使用出来ます。筆巻を使う上で特に注意する点は、[長期保存用の道具ではない]という事です。外見ほど通気性が良くなく、水分を含んだ筆を長時間放置するとカビが生える可能性があります。あくまで持ち運び用に一時的に使用するアイテムとなります。価格は総じて高くはないのですが、上質なものほど竹の本数が多くて綺麗に巻く事ができます。しかし、色付きの筆巻は色が落ちやすく、筆や衣服に付着する場合がありますので注意が必要です。

おすすめの筆筒

筆筒とは筆を収納し、持ち運ぶ為の専用の筒(ケース)です。誰もが一度は図工や書写の授業で使ったことがあると思いますが、「筆が大きくて入らない」「転がって無くしやすい」と不便に感じた経験は無いでしょうか。そんな時におすすめであるのが、<ホルベイン>筆筒(角型)です。この筆筒は3段階の伸縮が可能で、筆のサイズに合わせて収納することが出来る優れものです。267㎜から最長350㎜まで調整することが出来ます。また、筒の形状が「角型」なので、落ちて転がる心配もありません。鞄にもサッと入れて整理しやすい形です。さらに、キャップの先端は筆先を保護するスポンジ付きで、大切な筆を衝撃から守ります。これから絵を始める方や、買い替えに悩んでいる方は是非一度ホルベインの筆筒(角型)を検討してみてはいかがでしょうか?

呉竹について

「呉竹」(クレタケ)は綿谷奈良吉が1900年(明治35年)「くれ竹製墨」の商号で、製墨業を始めたのを礎とします。1924年(大正13年)「合名会社精昇堂商会」を設立、1940年(昭和15年)社名を「株式会社呉竹精昇堂」に、2003年(平成15年)さらに「株式会社呉竹」としました。筆ペンを実用化するなど、書道用品の業界に大きく貢献しているメーカーです。呉竹では「人間らしさを取り戻すにはアナログへの回帰」を旗印に掲げ、現在の事業領域を「アート&クラフト」と定め、手書き・手造りの良さを伝える商品の数々を市場に送り出しています。呉竹は100年を超える歴史と、30年以上に亘る海外でのマーケティング経験と、日本での独自の市場開拓によってブランドを築いてきました。また、呉竹ブランドのロゴマークは伝統を表す黒、革新を表す黄色と紫を用いており、呉竹の各道具の開発を通じて新しいライフスタイルを提供する企業の姿、筆とペンそして画材を含めての総合メーカーである点を表現しています。
価格