ターレンスの日本画・デザイン筆

  • 対象商品:5
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

日本画筆の種類について

こちらには日本画筆の種類について紹介します。洋画筆とは名称が異なりますので、日本画筆をご購入の際には事前に確認をしておきましょう。【線描き筆(せんがきふで)】日本画の一番基礎となる筆で、特に細い線を引く時に使用します。線描き筆にはさまざまな毛が使われ、墨や絵具の含みも良く太い線や細い線の両方に対応します。【彩色筆(さいしきふで)】日本画の着色用に造られた筆で、最近では水彩・デザインなどの塗り込みなどに多く使われています。原材料は羊毛・馬毛・鹿毛などを混毛して造られます。【面相筆(めんそうふで)】人物や仏像の面相(顔)を描くための筆ですが、日本画・デザイン・アニメなど幅広く使われています。【隅取筆(くまとりふで)】ぼかし筆ともいわれ、筆や絵具のぼかしになどに使用され、最近では水彩画にも使われています。馬胴毛と羊毛が主原料の為、含みが非常に良いのが特徴です。【付立筆(つけたてふで)】日本画の代表的な筆で、1本で大体の物が描けるとまで言われています。花鳥・四君子など水墨・日本画向けとして幅広い層で使用されています。厳選された羊毛と天毛(馬の尻尾の脇毛)が主材料で含みが良く、毛先も良く効きます。【絵刷毛(えはけ)】良質な羊毛を使った絵刷毛は絵具の含みが良く、水張り・ドーサ引き・描画に使われます。使用後は根本部分の絵具、墨などを良く洗って吊り下げるように乾かしてください。【連筆(れんぴつ)】日本画用の刷毛の変形した筆として、一本の筆を連ねたものです。墨や絵具で描いたり色を柔らかくのせる時など幅広く使われ、刷毛では出せない味を表現できます。【平筆(ひらふで)】数多くの種類がありますが、白毛のものは主に羊毛を、茶毛のものは馬毛を使う事が多いです。広い面を塗ったり刷毛のように使ったりと用途の広い筆です。

ターレンスについて

画材ブランドである「レンブラント」(ロイヤルターレンスの最高級ブランド)はオランダ王室からロイヤルの称号を授けられ、社名をロイヤルターレンス社へ改めました。「レンブラント」は厳選された原料と品質にこだわり、濁りのない澄みきった混色と他に類を見ない優れた耐光性・耐久性を備えた画材です。絵具類の他、パステルや画筆、イーゼル等がラインアップされています。また、「ヴァンゴッホ」シリーズや、アクリル絵具の「アムステルダム」シリーズも広く知られ、人気を博している画材ブランドです。ターレンスジャパンは世界レベルの品質と、世界の才能の架け橋になるたことを掲げ、「Heart with Art=いつも心に芸術を」をスローガンにしています。
価格