ホルベインの筆洗器・油つぼ・その他

ホルベインの筆洗器・油つぼ・その他の商品一覧です。
世界堂では、制作用品・用具などを幅広くご用意しております。

  • 対象商品:6
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

油絵具はなぜ高価格?

家庭用塗料や学童用水彩絵具と比較しても油絵具は平均的に高価です。なぜなのか?その理由のひとつは、高価な原料を高濃度で使う点にあります。これは発色を最良の状態に引き出す為です。また油絵具に使われている顔料は、学童用絵具に使われているものの数倍の値段がする高級顔料を使用している場合があります。よって顔料を混ざりものの少ない状態で作れば絵具も高価になります。もうひとつの理由は、油絵具の製造費です。ご存知のように油絵具はたくさんの色数があり、少量多品種の生産になってしまう為、一度に多く製造できる学童用絵具と違って、どうしても製造コストが高くなってしまうのです。

ホルベイン 腕鎮(ワンチン)とは

今回は油絵を描かれる方の中でも意外と知られていない道具、「腕鎮(ワンチン)」についてご紹介致します。腕鎮とは、キャンバスへ描く際に手を固定(安定)させる為に使う支え棒で、「マールスティック」と呼ばれることもあります。先端部分に柔らかい皮革・ゴムなどの緩衝材が付いており、キャンバスの縁や描いていない空白部分に置いて使用します。片方の手で腕鎮を持ち、描く側の手(腕)を腕鎮の柄の上に乗せることで手がブレることを防ぎ、細かい描写を可能にします。また、腕鎮を使うことで乾いていない画面でも手を汚さずに描くことが出来ます。乾くのが遅い油絵の制作において、緻密にモチーフを描き込んでいくには正に必需品と言えるでしょう。

ホルベインについて

1900年(明治33年)吉村峯吉による大阪中之島において「吉村峯吉商店」の設立が、ホルベイン各社の礎となりました。1946年(昭和21年)「ホルベイン工業株式会社」設立、1951年(昭和26年)「ホルベイン画材株式会社」設立を経て、1999年(平成11年)創業100周年を迎えました。ホルベインでは油絵用で164色、水彩画用で108色もの絵具を商品化するため、その使用顔料の数はゆうに200種類を超えています。例えば同じ黒色でも「アイボリーブラック」は動物の骨から作った炭、「ランプ ブラック」は油煙、「ピーチブラック」は有機顔料を使用しています。塗料メーカーも含め、これ程多くの顔料を扱っているメーカーは類を見ません。それはすなわち、画家が必要とする絵具にひたすらこだわり続けてきたホルベインの長い歴史の産物です。1900年、吉村峯吉が創業した当時の事業は文具の卸・小売でした。絵具に携わりだしたのは清原定謙に代がわりして以降のことになります。それまでも国内メーカーの絵具を販売していましたが、自社でも開発したいという思いを具現化すべく、清原は復員後の1946年に絵具製造のホルベイン工業を創設。その5年後には絵具以外の筆やパレット、スケッチブックなどを扱うホルベイン画材の設立へと至りました。その後も試行錯誤を繰り返しながら、徐々に高級絵具メーカーとしての地位を確立し、現在へ至ります。

世界堂はホルベイン筆洗器・油つぼ・その他をご用意している通販サイトです。制作用品・用具などの商品を豊富に取り揃えております。通販購入は画材, 額縁の専門店「世界堂」オンラインショップで。人気定番商品をはじめ専門店ならではの品揃え!

価格