ナムラの筆洗器・油つぼ・その他の通販

  • 対象商品:2
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

油絵具はなぜ高価格?

家庭用塗料や学童用水彩絵具と比較しても油絵具は平均的に高価です。なぜなのか?その理由のひとつは、高価な原料を高濃度で使う点にあります。これは発色を最良の状態に引き出す為です。また油絵具に使われている顔料は、学童用絵具に使われているものの数倍の値段がする高級顔料を使用している場合があります。よって顔料を混ざりものの少ない状態で作れば絵具も高価になります。もうひとつの理由は、油絵具の製造費です。ご存知のように油絵具はたくさんの色数があり、少量多品種の生産になってしまう為、一度に多く製造できる学童用絵具と違って、どうしても製造コストが高くなってしまうのです。

ホルベイン 腕鎮(ワンチン)とは

今回は油絵を描かれる方の中でも意外と知られていない道具、「腕鎮(ワンチン)」についてご紹介致します。腕鎮とは、キャンバスへ描く際に手を固定(安定)させる為に使う支え棒で、「マールスティック」と呼ばれることもあります。先端部分に柔らかい皮革・ゴムなどの緩衝材が付いており、キャンバスの縁や描いていない空白部分に置いて使用します。片方の手で腕鎮を持ち、描く側の手(腕)を腕鎮の柄の上に乗せることで手がブレることを防ぎ、細かい描写を可能にします。また、腕鎮を使うことで乾いていない画面でも手を汚さずに描くことが出来ます。乾くのが遅い油絵の制作において、緻密にモチーフを描き込んでいくには正に必需品と言えるでしょう。

ナムラについて

「ナムラ」(名村大成堂)は1940年(昭和15年)に創業者・名村春雄が創業し、書道筆、日本画筆、水彩油彩筆などの製造販売を始めました。同時に製造販売のみならず製品の品質向上を目指して、製筆技術の研究も独自に行うべく日本毛筆研究所を設立しました。昭和24年(1949年)には、初代社長の名村春雄が当時の文部省(現在の文部科学省)から文部省学童資材審議委員の辞令を受け、毛筆画筆の専門委員として規格制定などに努め、今日の学校教育における毛筆画筆の水準維持に大きく貢献しました。
価格