チャコペーパーの筆洗器・油つぼ・その他

  • 対象商品:2
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

油絵具はなぜ高価格?

家庭用塗料や学童用水彩絵具と比較しても油絵具は平均的に高価です。なぜなのか?その理由のひとつは、高価な原料を高濃度で使う点にあります。これは発色を最良の状態に引き出す為です。また油絵具に使われている顔料は、学童用絵具に使われているものの数倍の値段がする高級顔料を使用している場合があります。よって顔料を混ざりものの少ない状態で作れば絵具も高価になります。もうひとつの理由は、油絵具の製造費です。ご存知のように油絵具はたくさんの色数があり、少量多品種の生産になってしまう為、一度に多く製造できる学童用絵具と違って、どうしても製造コストが高くなってしまうのです。

チャコペーパーについて

チャコペーパーとは主に手芸・ソーイングの図案・型紙の複写用に使われる複写紙です。布の他にも紙・木・合成紙・合成皮革・プラスチック・ガラス・陶磁器・金属等色々な素材に使えます。水洗いをすると、写した印や線を消すことが出来るのが最大の特徴です。チャコペーパーは1953年、松井淑が洋裁・和裁で面倒な「糸印」を簡略化しようとして考案・開発されました。これにより、これまで3時間もかかっていた印つけを、数分で正確に行うことが可能になりました。それから約50年の時を経て、現在ではその便利さが広く認められ、デザイナー・パターンナーなどのプロから家庭の洋裁まで、世界中で広く愛用されています。
価格