ホルベインのプリンタ用紙関連

ホルベインのプリンタ用紙関連の商品一覧です。
世界堂では、事務・オフィス用品などを幅広くご用意しております。

  • 対象商品:1
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

コクヨのインクジェットプリンター用紙について

コクヨのプリンター用紙には[光沢/マット/厚紙/普通紙/再生紙]など、他にも数多くの種類があります。今回は代表的な2つの用紙について詳しくご紹介致します。【■写真用 光沢紙】特殊コーティングを採用しており、光沢のある仕上がりになります。写真印刷に向けたタイプで、画像を鮮明に印刷することが出来ます。両面タイプもあるので、チラシ印刷や簡易的な冊子を作る用途にも向いています。セミ光沢や高光沢のモノもあり、高級感を出したい時におススメです。【■マット紙】マット紙は光沢が無い為、落ち着いた風合いに仕上がります。速乾性と耐光性があり、メニュー・POP・パンフレットなどを制作したい時に便利です。厚手・薄手・再生紙のものもある為、チラシやペーパークラフトにもおすすめです。「写真用のマット紙」の場合は、特殊コート層が幅広い色彩を鮮やかに再現し、より美しく印刷することが出来ます。

プリンター用紙を購入する際の注意点

幅広い用途で細かに商品が展開されている為、目的の用途に応じて用紙を正しく選ぶ必要があります。お使いのプリンターの種類・メーカーを必ずご確認の上、ご購入をお願い致します。※誤った使用をされますと、プリンターの不調・故障の原因に繋がりますのでご注意下さい。※インクジェットプリンターをご使用の場合、インクの種類(染料・顔料)も併せてご確認ください。※前面給紙のプリンターをご使用の場合、固い紙・厚い紙への印刷は不向きです。

綺麗に印刷するには

プリンターの印刷設定を見直すことにより、印刷のクオリティが向上します。推奨される印刷設定は各用紙、プリンターのメーカーにより異なります。商品パッケージの裏面や詳細文に記載されておりますので、ご確認の上、設定の見直しをお試しください。

ホルベインについて

1900年(明治33年)吉村峯吉による大阪中之島において「吉村峯吉商店」の設立が、ホルベイン各社の礎となりました。1946年(昭和21年)「ホルベイン工業株式会社」設立、1951年(昭和26年)「ホルベイン画材株式会社」設立を経て、1999年(平成11年)創業100周年を迎えました。ホルベインでは油絵用で164色、水彩画用で108色もの絵具を商品化するため、その使用顔料の数はゆうに200種類を超えています。例えば同じ黒色でも「アイボリーブラック」は動物の骨から作った炭、「ランプ ブラック」は油煙、「ピーチブラック」は有機顔料を使用しています。塗料メーカーも含め、これ程多くの顔料を扱っているメーカーは類を見ません。それはすなわち、画家が必要とする絵具にひたすらこだわり続けてきたホルベインの長い歴史の産物です。1900年、吉村峯吉が創業した当時の事業は文具の卸・小売でした。絵具に携わりだしたのは清原定謙に代がわりして以降のことになります。それまでも国内メーカーの絵具を販売していましたが、自社でも開発したいという思いを具現化すべく、清原は復員後の1946年に絵具製造のホルベイン工業を創設。その5年後には絵具以外の筆やパレット、スケッチブックなどを扱うホルベイン画材の設立へと至りました。その後も試行錯誤を繰り返しながら、徐々に高級絵具メーカーとしての地位を確立し、現在へ至ります。

世界堂はホルベインプリンタ用紙関連をご用意している通販サイトです。事務・オフィス用品などの商品を豊富に取り揃えております。通販購入は画材, 額縁の専門店「世界堂」オンラインショップで。人気定番商品をはじめ専門店ならではの品揃え!

価格