製図ペン

メーカー・ブランドで絞り込む

  • 対象商品:10
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

メーカー・ブランドで絞り込む

製図メーカー[ロットリング]の歴史

ドイツ生まれの製図・筆記具ブランド「ロットリング」が誕生したのは今から80年程前の1928年の事でした。ドイツのハンブルクで商売をしていた後の創業者ウェルヘルム・リープはアメリカ旅行で立ち寄った産業博覧会で、風変わりな1本のチューブラ(パイプ状の)ペンと出会います。帰国してその風変わりなペンをヒントにチューブラ万年筆を考案します。「ティンテンクリ」と名付けられたユニークな万年筆はまたたく間に評判になり、1931年に新たにリープ社を設立しました。また翌年には世界34ヶ国に輸出するヒット商品となります。しかし、世界的な企業として勝利の行進を始めたリープ社(現・ロットリング社)を待っていたのは第2次世界大戦による工場の焼失というダメージでした。しかし、このダメージにも負けず再建された工場は、2代目のヘルムート・リープに委ねられ、改良・改善の歴史を経て1953年に現在の製図ペンの原型となるモデル[ラピッドグラフ]が誕生しました。「正確な線こそ美しい線」この情熱と信念に燃えたウィルヘルム・リープの物作りにかけたコンセプトは次々に世に送り出す全ての商品に継承されます。製図ペンの厳しい精度と機能によって培われた技術とトレードマークである[赤い輪]は信頼の印として定着し、現在でもロットリング・ブランドは製図ペンの代名詞になっています。

ロットリング ラピットグラフとは

製図ペンには何よりも「正確に均一の線が引ける」性能が求められます。ドイツの筆記具メーカーであるロットリングは、そんなユーザーの思いに応える為に製図ペンを造り続け、今ではクリエイターやデザイナーから絶大な信頼を得るに至りました。今回はそんなロットリングの製図ペン【ラピッドグラフ】をご紹介致します。ラピッドグラフはインクのオーバーフローを防ぐ「ダブル ヒーリックス(二重空気圧調節溝)機構」を採用した製図ペンです。カートリッジを交換するとインク調整部も交換されるキャピラリー(毛細管流体システム)カートリッジ方式なので、手入れが不要で初心者にも比較的扱いやすい仕様となっています。また、内蔵しているインクは高密度の顔料粒子で耐光性があります。速乾と耐水性も兼ねており、ラインボードやトレーシングペーパーなど様々な素材の表面に書いてもその線は均一です。線の太さのバリエーションも豊富で、0.35㎜~1.0㎜の間で13種類も御座います。その種類の豊富さ、均一な線に対する絶対的な信頼感、高い品質を持つロットリングの製図ペンは期待を裏切りません。
価格