ステッドラーの製図ペン

ステッドラーの製図ペンの商品一覧です。
世界堂では、パステル・色鉛筆・ペン類などを幅広くご用意しております。

  • 対象商品:2
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

製図メーカー[ロットリング]の歴史

ドイツ生まれの製図・筆記具ブランド「ロットリング」が誕生したのは今から80年程前の1928年の事でした。ドイツのハンブルクで商売をしていた後の創業者ウェルヘルム・リープはアメリカ旅行で立ち寄った産業博覧会で、風変わりな1本のチューブラ(パイプ状の)ペンと出会います。帰国してその風変わりなペンをヒントにチューブラ万年筆を考案します。「ティンテンクリ」と名付けられたユニークな万年筆はまたたく間に評判になり、1931年に新たにリープ社を設立しました。また翌年には世界34ヶ国に輸出するヒット商品となります。しかし、世界的な企業として勝利の行進を始めたリープ社(現・ロットリング社)を待っていたのは第2次世界大戦による工場の焼失というダメージでした。しかし、このダメージにも負けず再建された工場は、2代目のヘルムート・リープに委ねられ、改良・改善の歴史を経て1953年に現在の製図ペンの原型となるモデル[ラピッドグラフ]が誕生しました。「正確な線こそ美しい線」この情熱と信念に燃えたウィルヘルム・リープの物作りにかけたコンセプトは次々に世に送り出す全ての商品に継承されます。製図ペンの厳しい精度と機能によって培われた技術とトレードマークである[赤い輪]は信頼の印として定着し、現在でもロットリング・ブランドは製図ペンの代名詞になっています。

ステッドラーについて

ヨハン・セバスチャンが1835年に鉛筆製造工場を設立した事が、ステッドラー社の始まりとなりました。また、設立者のヨハン・セバスチャンの祖先であるフリードリッヒ・ステッドラーは、現存している「鉛筆製造者」の世界最古記録としてニュルンベルク市役所の資料にその名が残されています。ヨハン・セバスチャンは父であるパウルス・ステッドラーのワークショップにて 鉛筆の伝統的な製造方法の知識と経験を学びました。その知識と経験を活かし、ニュルンベルクの市の協議会の認可の後、近代化への流れと共に機械化された工場を市内に設立しました。その後、1840年前後には、63種類もの鉛筆を開発・製造し、 1856年からはスギ素材で作られた円形と六角形の鉛筆をそれぞれ48色ずつ開発しました。現在のトレードマークであるマルスヘッドは、1900年に登録されマルスブルーとともにブランドイメージとして認識されるようになりました。

世界堂はステッドラーの製図ペンをご用意している通販サイトです。パステル・色鉛筆・ペン類などの商品を豊富に取り揃えております。通販購入は画材, 額縁の専門店「世界堂」オンラインショップで。人気定番商品をはじめ専門店ならではの品揃え!

価格