三菱鉛筆の筆ペン

  • 対象商品:1
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

筆ペンについて

筆ペンとは、本体の軸部にインクを内蔵している毛筆を模した形状を持つペンです。手軽に毛筆で書いたような字が書ける為、年賀状などの手紙を書く時に重宝されている方も多いのではないでしょうか?。筆ペンの歴史は、セーラー万年筆が1972年に初めての筆ペンを発売しましたが、ペン先はウレタン素材の一体化されたものでした。1973年に呉竹が発売した筆ペンにナイロンの細い毛を束ねた穂先が初めて採用されました。細い合成樹脂を束ねて作られた筆先に、軸に内蔵されたインクを供給する構造が現在では主流となっています。インクには[染料]と[顔料]の2種類があります。また、大半の筆ペンがインクカートリッジ式となっており、インク取り替えが簡単なのも特徴です。

おすすめの筆ペン 「筆之助」とは?

トンボ鉛筆から発売されている【筆之助】は、筆ペンに不慣れな人でも簡単でキレイに文字が書ける「おたすけサインペン」として人気のある商品です。新開発のエラストマー芯を採用し、過剰な筆圧を吸収することで文字の潰れを防ぐ事を可能にした、画期的な筆ペンです。「しっかり仕立」タイプと「しなやか仕立」タイプの2種類があり、好みの筆記感から選ぶ事が出来ます。インクは耐水・耐光性水性顔料を使用しており、郵便物にも安心してお使い頂けます。また、筆ペンを使用する主な目的はご祝儀袋や年賀状などの宛名書きだと思われます。しかし、実際に筆ペンを使ってみると、バランスをとるのが意外と難しく、文字の大きさも不揃いになってしまった経験はないでしょうか。【筆之助】ではそんな問題もしっかりサポートしてくれる、「お助けプレート」が付属しています。このプレートを使うことで、バランスがとりやすく、まっすぐキレイな文字を書く事が出来ます。ユーザーへの思いやりとメーカーの技術が詰まった【筆之助】、是非この機会に試してみては如何でしょうか?

三菱鉛筆について

三菱鉛筆株式会社の礎となった「眞崎鉛筆製造所」は創業者眞崎仁六により、1887年(明治20年)に内藤新宿(現:新宿区内藤町)にて創業されました。1878年(明治11年)にパリで行われた万博で初めて鉛筆を見た眞崎仁六は、その感動を元に様々な研究と努力を重ね、日本初の鉛筆工業生産に成功しました。その後も数々の失敗を重ね、試行錯誤を繰り返しながら、1901年(明治34年)に、「逓信省(現:郵政省)御用品」として採用されたのが「局用鉛筆」です。このときの感動を後世に残すべく、眞崎仁六は、記念の商標を登録するに至りました。「局用鉛筆」には一号、二号、三号という3種の硬度があり、これに合わせて眞崎家の家紋である「三鱗(みつうろこ)」を図案化し、「三菱」というマークを考案しました。この「三菱」マークと「三菱」という商標は、明治36年(1903年)に商標登録され、三菱財閥の商標登録に先立つこと10年になります。(三菱鉛筆は三菱財閥との資本関係はありません。)「三菱」マークは、創業者の誇りや伝統とともに、現在に受け継がれています。創業以来、三菱鉛筆は「最高の品質こそ最大のサービス」を社是として、常に品質向上と技術革新に努め、世界の筆記具市場をリードするメーカーとしての地位を築いてきました。60年以上のロングセラー商品「ユニ」などに代表される最高レベルの鉛筆、世界で圧倒的なシェアを持つ水性ボールペン「ユニボール」、幅広い年齢層、様々な用途に使用されているサインペンの定番「ポスカ」、なめらかな書き味の油性ボールペン「ジェットストリーム」、常に細く濃く書けるシャープペン「クルトガ」、世界で初めて工業用ダイヤモンドを配合したシャープ替芯「ユニ ナノダイヤ」、多様化したお客様のニーズに対応できる選べる筆記具「スタイルフィット」等々、技術の蓄積の中から生み出された数々の商品が、国内のみにとどまらず広く海外においても愛用され、支持され続けています。なお三菱財閥グループから買収を持ち掛けられたが断ったという逸話が残っています。

「ダーマトグラフ」について

一般名詞になっている「ダーマトグラフ」ですが、実は三菱鉛筆の登録商標です。語源はギリシャ語で、「dermato」は「皮膚」、「graph」は「書く、記録する」ということ意味を表しています。つまり「皮膚に書けるもの」という意味で、もともとは、皮膚に書く目的で開発され、医者が手術で切開する場所にマークするなどに使用されていたと思われます。現在発売している商品は、皮膚への筆記用ではありません。三菱鉛筆では、昭和30年から製造しています。最初は木軸で、色は赤・青・黒・黄の4色でした。昭和33年頃には、軸を削らなくても済むように紙巻になり、現在は12色発売しています。紙はもちろんのこと、ガラスや金属、フィルムにも書くことができます。
価格