トンボ鉛筆の筆ペン

  • 対象商品:1
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

筆ペンについて

筆ペンとは、本体の軸部にインクを内蔵している毛筆を模した形状を持つペンです。手軽に毛筆で書いたような字が書ける為、年賀状などの手紙を書く時に重宝されている方も多いのではないでしょうか?。筆ペンの歴史は、セーラー万年筆が1972年に初めての筆ペンを発売しましたが、ペン先はウレタン素材の一体化されたものでした。1973年に呉竹が発売した筆ペンにナイロンの細い毛を束ねた穂先が初めて採用されました。細い合成樹脂を束ねて作られた筆先に、軸に内蔵されたインクを供給する構造が現在では主流となっています。インクには[染料]と[顔料]の2種類があります。また、大半の筆ペンがインクカートリッジ式となっており、インク取り替えが簡単なのも特徴です。

トンボ鉛筆について

「トンボ鉛筆」は1913年(大正2年)に小川春之助が興した「小川春之助商店」が礎となります。1939年(昭和14年)販売と製造部門が「トンボ鉛筆商事株式会社」「株式会社トンボ鉛筆製作所」の2社に分社化されますが、戦後統合され現在の社名となりました。青・白・黒のストライプのMONO消しゴムは大ヒット商品となり消しゴムのトップブランドとなりました。社名にある「トンボ」の古名は「あきず/あきつ=秋津、蜻蛉」であり、古くは日本のことも秋津島と呼んでいたと言われることから、日本を代表する鉛筆を目指す想いが社名に込められています。 2013年(平成25年)創業100周年を機に新しいトンボマークを制定。トンボの姿をモチーフにした、自由で軽やかな躍動感を彷彿とさせるデザインのコーポレートシンボルが誕生しました。軽やかに大空を舞うトンボは美しい自然のシンボルです。いつまでもトンボが元気に飛び交うような澄んだ青空と清らかな水に恵まれた環境を願いつつ、株式会社トンボ鉛筆は人と地球に優しい文具づくりに精力的に取り組んでいます。
価格