ゼブラの筆ペン

  • 対象商品:1
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

筆ペンについて

筆ペンとは、本体の軸部にインクを内蔵している毛筆を模した形状を持つペンです。手軽に毛筆で書いたような字が書ける為、年賀状などの手紙を書く時に重宝されている方も多いのではないでしょうか?。筆ペンの歴史は、セーラー万年筆が1972年に初めての筆ペンを発売しましたが、ペン先はウレタン素材の一体化されたものでした。1973年に呉竹が発売した筆ペンにナイロンの細い毛を束ねた穂先が初めて採用されました。細い合成樹脂を束ねて作られた筆先に、軸に内蔵されたインクを供給する構造が現在では主流となっています。インクには[染料]と[顔料]の2種類があります。また、大半の筆ペンがインクカートリッジ式となっており、インク取り替えが簡単なのも特徴です。

おすすめの筆ペン 「筆之助」とは?

トンボ鉛筆から発売されている【筆之助】は、筆ペンに不慣れな人でも簡単でキレイに文字が書ける「おたすけサインペン」として人気のある商品です。新開発のエラストマー芯を採用し、過剰な筆圧を吸収することで文字の潰れを防ぐ事を可能にした、画期的な筆ペンです。「しっかり仕立」タイプと「しなやか仕立」タイプの2種類があり、好みの筆記感から選ぶ事が出来ます。インクは耐水・耐光性水性顔料を使用しており、郵便物にも安心してお使い頂けます。また、筆ペンを使用する主な目的はご祝儀袋や年賀状などの宛名書きだと思われます。しかし、実際に筆ペンを使ってみると、バランスをとるのが意外と難しく、文字の大きさも不揃いになってしまった経験はないでしょうか。【筆之助】ではそんな問題もしっかりサポートしてくれる、「お助けプレート」が付属しています。このプレートを使うことで、バランスがとりやすく、まっすぐキレイな文字を書く事が出来ます。ユーザーへの思いやりとメーカーの技術が詰まった【筆之助】、是非この機会に試してみては如何でしょうか?

ゼブラについて

1897年(明治30年)、創業者石川徳松がエンジニアであった松崎仙蔵の協力を得て、純国産初の鋼ペン先の開発に成功し「石川ペン先製作所」を創業しました。1914年(大正3年)にはシマウマをデザインしたロゴマークを商標として採用し、「ゼブラペン」ブランドを確立しました。1963年(昭和38年)「ゼブラ株式会社」に社名変更。1964年(昭和39年)3色ボールペンを、1977年(昭和52年)「見える、見える」のテレビCMが話題となった透明軸のボールペンを開発してヒット商品になりました。なお、現在国内で「ペン先」を製造しているのは同社と「タチカワ」のみとなっています。縞馬(ZEBRA)はアフリカの原野に棲息し、個々には外敵から身を守る武器すら持たぬ、非常に温和な動物です。そのためにいつも群棲し、つねに一致協力して生活を守り続けています。創業者石川徳松は、大正3年にこの縞馬のように、全社員が堅く団結し、文化の向上・発展にかかせない筆記具の製造に邁進することを願い、縞馬を商標に定めました。また、縞馬は別の文字表記では「斑馬」と書き表すこともあります。この斑馬という文字は文と王との組み合わせからなり、文具界に身を置く会社にとってふさわしい文字であると認識され採用に至ったともいわれています。さらに、商標の縞馬が後ろ向きであるのは、温故知新(古きをたずねて、新しきを知る)を意味し、人の和の力と温故知新の精神がゼブラを支える2本の柱となっています。
価格