ホルベインの木炭・コンテ・スケッチペンシル・サッピツ

  • 対象商品:8
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

画用木炭について

画用木炭とは、木の枝等を乾燥させて窯で蒸し焼きにして炭化したものです。材料は自然のままの樹木ですから、その種類・生育場所・焼成温度等により、色合い・硬さなどに微妙な違いがあります。また製法としては、ただ樹木を炭にしただけの極めて簡単素朴なものですが、描画材料としての歴史は古く、人類最古のものといえるでしょう。

画用木炭の用途

画用木炭の用途といえば、まずは造形表現の基礎となるデッサンです。ものの形体・明暗・質感などを線描で正確に捉え表現するデッサンの訓練を通して、構図・調子などについて理解を深め、「ものを観る力」、「表現する力」を養う事ができます。デッサンを繰り返し練習する事によって、油彩画・日本画・彫刻・デザイン工芸等どんな造形分野にも通ずる感性と表現力が磨かれます。また画用木炭は美術家の下描きやスケッチなど、さらにはパステル・チョーク・クレヨン等と併用したデッサン画用としても、さらに日本画では輪郭の当たりをつける為などに幅広く使用われています。

画用木炭の特徴

デッサンにおける画用木炭には、次のような特徴があります。1.【描いたり消したりするのが簡単である。】消えては現れるフォルムの追求にふさわしい、短時間のデッサンには最適な材料です。2.【モチーフを線より面で捉えることに適している。】対象を面で捉え、全体のフォルムを明暗で表現することに適している。3.【調子(トーン)の表現に優れている。】軟らかく伸びが良いので、濃淡の表現がしやすく、明暗のコントラストで光と影の調子を表現するのに優れています。デッサンには鉛筆・コンテなども使われますが、画用木炭は軟らかくて伸ばしやすいので、明暗や調子の表現には最適の描画材料といえるでしょう。

デッサン初心者におすすめの木炭

「伊研」の木炭は焼きムラがなく高品質で、よく吟味した材料と美しい焼き上がりが特徴です。太さ・硬さ・濃度など、様々な種類の木炭を展開している数少ないメーカーでもあります。中でも描きやすく、デッサン初心者におすすめであるのは「No.360(ヤナギ・中)」と「No.200(ヤナギ・太)」です。ヤナギ木炭の特徴は、粒子が柔らかくて濃く、はっきりとした黒が出せるところにあります。サッピツやガーゼを用いて木炭の粉を画面へ定着させ、濃淡やグラデーションの表現を幅広く行うことが出来ます。また、木炭は素材となる木により描き心地が異なります。描き慣れてきた頃に場面に合わせて使い分けていくと良いでしょう。クワ炭はコシのあるしっとりとした描き心地、トチノキ炭は粘り気のある描き心地、ホオノキ炭は硬くシャープな線が描けるといった特徴があります。

ホルベインについて

1900年(明治33年)吉村峯吉による大阪中之島において「吉村峯吉商店」の設立が、ホルベイン各社の礎となりました。1946年(昭和21年)「ホルベイン工業株式会社」設立、1951年(昭和26年)「ホルベイン画材株式会社」設立を経て、1999年(平成11年)創業100周年を迎えました。ホルベインでは油絵用で164色、水彩画用で108色もの絵具を商品化するため、その使用顔料の数はゆうに200種類を超えています。例えば同じ黒色でも「アイボリーブラック」は動物の骨から作った炭、「ランプ ブラック」は油煙、「ピーチブラック」は有機顔料を使用しています。塗料メーカーも含め、これ程多くの顔料を扱っているメーカーは類を見ません。それはすなわち、画家が必要とする絵具にひたすらこだわり続けてきたホルベインの長い歴史の産物です。1900年、吉村峯吉が創業した当時の事業は文具の卸・小売でした。絵具に携わりだしたのは清原定謙に代がわりして以降のことになります。それまでも国内メーカーの絵具を販売していましたが、自社でも開発したいという思いを具現化すべく、清原は復員後の1946年に絵具製造のホルベイン工業を創設。その5年後には絵具以外の筆やパレット、スケッチブックなどを扱うホルベイン画材の設立へと至りました。その後も試行錯誤を繰り返しながら、徐々に高級絵具メーカーとしての地位を確立し、現在へ至ります。
価格