ステッドラーの修正用品(消しゴム・練りゴム・修正ペン)

ステッドラーの修正用品(消しゴム・練りゴム・修正ペン)の商品一覧です。
世界堂では、パステル・色鉛筆・ペン類などを幅広くご用意しております。

  • 対象商品:2
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

消しゴムの歴史

16世紀に鉛筆が誕生したのをキッカケに鉛筆で書いた文字や線を消す道具も登場しました。しかし、はじめは良い消し道具が無く、小麦パンを使って消していたようです。その後、1770年に酸素の発見者で有名なイギリスの化学者プリーストリーが、天然ゴムで鉛筆の文字が消せることを発見しました。また1772年にはイギリスで初めて角砂糖くらいの大きさの消しゴムが売られるようになりました。その後、消しゴムはイギリスからフランスへ、さらに全ヨーロッパから全世界へと広まっていきました。

プラスチック消しゴムは日本が発明

日本でも、明治時代に鉛筆が多く使われるようになると、それに伴い消しゴムも必要とされるようになっていきました。大正時代にはいくつかの消しゴムメーカーが誕生し、日本でも消しゴムが作られるようになります。その後、消しゴムの消す力を高める研究を続けた日本のメーカーは、1959年に世界のどの国よりも早く「プラスチック消しゴム」を発売しました。

MONO消しゴムはオマケだった?

(株) トンボ鉛筆が販売している青・白・黒のストライプが有名のMONO消しゴム。誰でも一度は使った事があるのではないでしょうか?実はMONO消しゴムは当初、最高級鉛筆[MONO100]のおまけとして付けていたのが始まりです。おまけとして付けていたMONO消しゴムですが、多くの利用者から良く消えるという理由でMONO消しゴムの販売を希望する声が寄せられ、遂に1969年に消しゴムだけで発売されました。ちなみに、「MONO」とは、「唯一の」「無類の」という意味の言葉だそうです。

ステッドラーについて

ヨハン・セバスチャンが1835年に鉛筆製造工場を設立した事が、ステッドラー社の始まりとなりました。また、設立者のヨハン・セバスチャンの祖先であるフリードリッヒ・ステッドラーは、現存している「鉛筆製造者」の世界最古記録としてニュルンベルク市役所の資料にその名が残されています。ヨハン・セバスチャンは父であるパウルス・ステッドラーのワークショップにて 鉛筆の伝統的な製造方法の知識と経験を学びました。その知識と経験を活かし、ニュルンベルクの市の協議会の認可の後、近代化への流れと共に機械化された工場を市内に設立しました。その後、1840年前後には、63種類もの鉛筆を開発・製造し、 1856年からはスギ素材で作られた円形と六角形の鉛筆をそれぞれ48色ずつ開発しました。現在のトレードマークであるマルスヘッドは、1900年に登録されマルスブルーとともにブランドイメージとして認識されるようになりました。

世界堂はステッドラーの修正用品(消しゴム・練りゴム・修正ペン)をご用意している通販サイトです。パステル・色鉛筆・ペン類などの商品を豊富に取り揃えております。通販購入は画材, 額縁の専門店「世界堂」オンラインショップで。人気定番商品をはじめ専門店ならではの品揃え!

価格