ミツワのボンド・ペーパーセメント・スプレーのり

  • 対象商品:3
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

接着剤の起源について

接着剤の起源は古く紀元前4千年頃まで遡ります。この頃、中国やバビロニアではアスファルトや膠が天然の接着剤として用いられていました。また紀元前2千年紀頃からはエジプトの壁画・木質寝棺・宝石箱にも膠が多用され、またカゼインも用いられました。日本でも縄文時代頃から、松脂やアスファルトを使用して槍や矢などが作られています。今日、接着剤といえば合成接着剤を想像しがちですが、合成接着剤が誕生したのは20世紀以後の事です。その後、合成接着剤が飛躍的な進歩をして用途も大きく広がってきました。また瞬間接着剤は人体の外科手術にまで使用されるようになり、今や接着剤は家庭工作、木工、繊維、建築、建材、土木用に限らず、用途は無限に広がっています。

コニシ「木工用ボンド」について

黄色のボトルに赤色のキャップで有名なボンドは、子どもから大人まで広く知られている接着剤です。一番メジャーである家庭用「木工用ボンド」は、木・紙・布などの接着が出来、子供の図画工作にはもちろん、手芸などにも幅広く活用されている商品です。水性で扱いやすく、乾燥するとほぼ透明になる特徴があります。流布時の伸びも良く、壁面に使用しても液垂れしにくい適度な粘性があります。また、厚く盛って乾燥した後にカッター等で削って加工することも可能です。その他、ホルムアルデヒドを使用していない安全性の高い接着剤として、JIS規格に認定されています。「ボンド」はコニシのブランドであり、登録商標です。唯一無二の扱いやすい接着剤として、長く支持を得続けています。

ミツワについて

明治30年創業の福岡工業株式会社は、ぺ-パーセメント・ラバーセメント・自転車油製造、パッキング用シーリング剤の製造・販売メーカーです。「ミツワ」は同社の製品のブランド名です。貼ったり剥がしたりが自由に出来る紙用接着剤『ペーパーセメント』をはじめ色々な接着剤、白抜きが出来る『マスキングインク』や『梅炭折り紙』などを販売しています。
価格