ドラパスのテープ類・両面テープ・水張テープ

  • 対象商品:1
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

テープ類・両面テープ・水張テープの新着商品

接着剤と粘着剤の違いについて

ここでは接着剤と粘着剤の違いについてご説明します。まず接着剤とは塗布した後、まだ液体のように柔らかいため直ぐにはくっつきませんが、時間が経過すると硬くなって接着力が増します。その代わり、固まった後は剥がそうと思っても、簡単には剥がせなくなります。また接着剤の種類にもよりますが時間と共に硬くなる為、試行錯誤しているとくっつかなくなる可能性があります。一方、粘着剤とは接着材の一種で主にテープなどに使用されています。特徴としては貼った直後から物と物をくっつける性質と、長く放置しておいても粘着剤が固まらず貼り直し可能となる点です。粘着剤はベタベタな材質がくっつく性質の役割を果たし、またゴムのような弾力のある性質がくっつく状態を保つ役割を果たしています。またこれらの二つの性質は物に貼る前も貼った後も変わりません。このように、時間とともに性状が変化しないところが、接着剤との違いとなります。お餅のような性質を長く保つのが粘着剤というふうに覚えておいてください。

水張りテープとは

水張りテープとは、紙を木製パネルへ固定(貼り付け)する際に使う紙製テープです。紙は水分や湿気の影響により、波うちやシワが生じます。これらを防ぐ為には「水張り」の作業が必要です。一度紙全体を水で濡らすことで「伸ばした状態」にし、そのまま木製パネルに貼り付ける事で乾燥後にピンと張った状態になります。こうすることにより、描いている最中の紙の波うちを防ぎ、より美しい作品へ仕上げることが出来ます。水張りテープは切手の様に片面に糊加工がされており、水分を含ませることで接着します。水をつける際は筆や刷毛でも良いですが、水を含ませたスポンジを使うと効率よく作業が出来ておすすめです。また、水張りテープは使用後の保管方法に注意が必要です。そのまま放置した場合、空気中の水分や湿気によりテープ全体が接着し固まってしまうことがあります。作業を終えた後は必ずチャック付のビニール袋に入れるなどし、密閉した状態で保管するようにしましょう。【ミューズ 水張りテープ 等】

ドラパスについて

1940年(昭和15年)日本製図器械共販株式会社として創立されたのが、ドラパスの礎となっています。1977年(昭和52年)自社ブランドのDRAPASを商標登録。2013年 (平成25年) 「ドラパス株式会社」 に社名変更しました。DRAPASは精確さと使いやすさを兼ね備えた製図器械・製図用品・デザイン用品・コミック用品のブランドとして立ち上げられました。1977年に商標登録されて以降、多数の商品が発売されています。ドラパス独式製図器の特徴は、主軸の開閉部分に金属製の歯車(ギア式の中心装置として1960年にパテントを取得)を用いているところです。これにより開閉が極めてスムーズになり、機械的にも耐久性に優れる製図機となりました。また、他の中心装置のように摩擦することがなく、頭部のビスをドライバーで廻すことにより開閉具合の調整も容易行うことが出来ます。ちなみにDRAPASの由来はドローイングとコンパスの造語から生まれたものです。
価格