ヴィックアートの張りキャンバス・キャンバスボードの通販

  • 対象商品:5
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

キャンバスの保存に適した気温(室温)・湿度について

キャンバスが置かれる環境として理想的なのは気温(室温)17℃~25℃、湿度44%~55%です。美術館はこの範囲内で作品の保管と展示を行うよう常に心がけています。名画が今なお残り続けているのはこの徹底した管理によるところが大きいのです。従ってアトリエや倉庫などをこの範囲に近づけることが目標となります。これを見誤ってしまうとキャンバスに膨張、収縮が発生しシワがよったり逆に画布が強く張られ過ぎて木枠が歪みます。では具体的に湿度を調整していく方法をご紹介します。[1]湿度計を購入する(アトリエなどの大きさによっては複数購入する場合もあります)[2]製作や保管はなるべく締め切った空間で行う(外の空気が入ることで温度/湿度はすぐに変化します)[3]温度や湿度が変わってきたら空調や加湿器/除湿機、照明や換気などで調節を行う。加湿器などはなければ霧吹きや電気ポットなどで代用しても構いません。要するに調整さえ出来れば良いのです。大切なことは常に温度/湿度を確認し、対処するクセをつけると言うことです。描きっぱなし置きっぱなしが一番の敵です。

ホルベイン ボールドキャンバス とは?

「お試しでキャンバス地に絵を描いてみたい」「絵具の色味やオイル・メディウムの表現方法を確認したい」…そんな時に便利であるのが、【ホルベイン ボールドキャンバス】です。この商品はベニヤ・厚紙に画布を貼り込んだ薄型のキャンバスで、通常の張キャンバスとはその仕様が異なります。厚みは3.5mmと薄く、且つ軽量であることが最大の特徴です。木枠に張ったキャンバスと比べ画布表面に弾力がない分、筆やナイフのタッチが素直に伝わることも魅力の一つです。油絵具は勿論、アクリル絵具やポスターカラーの使用も可能であり、よりお手軽にキャンバス地に描くことを楽しめます。その為、「張キャンバスは敷居が高い…」と感じる方や、「まずは試作品をつくりたい!」という方へ強くおすすめしたい商品です。また、軽量で持ち運びもしやすい為、屋外での制作にも向いています。大きさはF0~F10号までの7種類で展開。是非この機会にボールドキャンバスを使って作品を描いてみては如何でしょうか?

VicArt のキャンバス

ヴィックアートではフランス、ベルギーで生産された麻繊維束を厳選し、中国で麻の紡績糸を作り織物にして日本に輸入しています。生地の種類は、織り方は平織りが主体で、細番手(細目)から太番手(荒目)の糸を使用し、種々の幅を基布として、お客様に満足いただけるようなキャンバスの製造に努めております。全ての織物を塗布する前に検査し、特に麻織物は特有の結び目、糸葛等を取り除きます。合成糊料、PVA:ポリビニルアルコール樹脂や膠等を主原料とした塗布層で目止めし、白色顔料、合成樹脂、アクリル乳化樹脂を多種混合した塗料を仕上げに使用してキャンバスを製造しており、お客様に満足いただけるよう、品質の向上、改良に日々努力しております。
価格