パジコのペイント塗料

  • 対象商品:0
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

条件に一致する商品は見つかりませんでした。

塗料について

塗料とは対象物を保護する為に、その表面に塗り付ける材料の事を指します。よく絵具と比較されますが、絵具は絵を描く事を目的としている為、対象物の保護を目的としていません。塗料には用途に応じて様々なタイプがあります。例えばペンキやニスに代表されるように液状で溶剤の揮発によって固化し、表面に塗膜を形成して対象物の美観を整えつつ保護するもの。あるいは、オイルステインなど粘度が低く、木などの材料内部に浸透し材料その物の劣化を防ぎ着色するもの等があります。日本の雑貨工業品品質表示規程では塗膜を形成する為の主成分の種類に応じて表示がされています。特に、乾性油を主成分とするものは[油性塗料]、ニトロセルロースを主成分とするものは[ラッカー]、合成樹脂を主成分とするものは[合成樹脂塗料]、セラックを主成分とするものは[酒精塗料]と表示することになっています。また以前は有機溶剤で希釈するものが圧倒的に多かったのですが、最近では、環境・健康・利便性等に配慮して水で希釈できるタイプの水性塗料の比率も増えてきています。

パジコについて

パジコでは粘土・画材を核として、独創性や創造性を生かしたもの作りを理念に幅広い事業展開を行ってきました。1975年、プロの人形デザイナーへ向けた『ラドール』が発売され人気を博し、1996年にはこれまで手に付きやすく割れやすかった紙粘土を改良、さらに『オークレイ』を進化させた軽量粘土『ハーティ』が発売されました。現在この『ハーティ』は教育の現場からホビーまで幅広く愛用されている商品です。2005年にはアメリカを起点に「メーカーズブーム」が世界的な規模で起こりました。メーカーズブームとはその名の通り「個人がメーカーになる事ができる」ことに湧いたブームです。その後日本でもハンドメイド作品の売買に特化したサイトが次々に誕生し、趣味で作った作品を販売し収益を得る事ができる「趣味を仕事に」ブームが到来しました。これらの中で最も多く売買されているのがアクセサリー類です。それに伴い、オリジナルのアクセサリーを手軽に短時間で制作できる「光硬化型のレジン」が爆発的なブームとなり、レジン市場が一気に拡大しました。パジコではUVレジン「太陽の雫」「星の雫」シリーズの他にも、レジン用モールド(抜き型)、レジン用着色剤、金属パーツ等の種類も豊富に展開しています。
価格