クサカベの画箱・画箱セット

  • 対象商品:1
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

油絵に使用するホワイトの種類と特徴

現在、油絵に使用されるホワイトの顔料の種類は、鉛白(シルバーホワイト)、酸化亜鉛(ジンクホワイト)、酸化チタン(チタニウムホワイト)です。日本画では胡粉のようなものも含まれますが、洋画では主にこの3種類が比較されます。鉛白は古くからある白色顔料で、どの時代においても重要視されてきたホワイトです。特に時間とともに形成される堅牢な塗膜は、他の白色顔料にはない特質です。画家がこの顔料に対して気を付ける健康上の注意としては、反復的に顔料を吸い込まないようにする程度の配慮で済みます。バーミリオンやカドミウム顔料のような含硫黄顔料との混色で黒ずむといわれますが、現代の精製度の高い顔料においては、その心配はありません。酸化亜鉛は冷たい印象のホワイトで隠蔽力が余りなく、混色の際に濁りが少ないので扱い易く、日本では人気があります。このホワイトの欠点は塗膜が弱いことです。乾燥過程で油と反応して、しばしば亀裂や剥落を引き起こします。このホワイトを下地に使う事は避けましょう。一方、酸化亜鉛は油が乾く際にできる有色物質を中和する働きがある為、白さを保つホワイトになります。酸化チタンはこれといった欠点を持たないホワイトで、工業的にはもっとも需要のある白色顔料です。絵具としては着色力と隠蔽力が大変大きく、混色するとやや濁りやすく、扱いにくい場合もあります。なお、パーマネントホワイトというのは酸化チタンに体質顔料を加えて、着色力と隠ぺい力を和らげたホワイトです。初心者用セットに組み込まれていて一般化するようになりましたが、黄化の程度はチタニウムホワイトよりやや強くなります。

クサカベについて

油絵具の老舗「クサカベ」は1928年(昭和3年)薬剤師だった日下部信一による「クサカベ油絵具製造所」の設立が礎となっています。後の1971年(昭和46年)「クサカベ油絵具製造所」の廃業にともない、クサカベの系統は「アサヒ絵具」「クサカベ油絵具」「ミノー油絵具」の3つに分流しますが、1996年(平成8年)旧クサカベ系3社が再び統合され「株式会社クサカベ」が誕生しました。現在は「アクリル絵具」と「油絵具」両方の特性を併せ持った「アキーラ」が新しい絵具として注目されています。アキーラの名前は、アクア・アルキド・テンペラから取られたことが由来です。世界初の精製アルキド樹脂絵具で、支持体の選択肢が広まり、より豊かな表現を可能にしました。テンペラ絵具のように、水性・油性を問わず描くことが出来るのが最大の特徴です。株式会社クサカベは絵具づくりを通じ、人々の生活を豊かにする芸術・文化の創造に深く関わりをもってきました。今後も社会との共生を鑑み、さらにグローバルな視点から「地球環境との調和」を考慮し、「環境負荷の少ないモノづくり」に専念し、社会の発展に貢献することを方針としています。
価格