チャコペーパーのパレット・ペーパーパレット・とき皿

  • 対象商品:0
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

条件に一致する商品は見つかりませんでした。

油絵に使用するブラックの種類と特徴

黒にはアイボリーブラック、ランプブラック、ピーチブラック、マルスブラックがあります。アイボリーブラックはポピュラーな黒色絵具で、顔料は動物の骨を焼いて作られる事からボーンブラックと呼ばれます。元来は象牙を焼いていたのですが、現在は牛骨が使われます。温かみのある黒で、着色力、隠ぺい力は余りありません。単独の塗りは綺麗ですが、混色ではややにぶいグレートーンになります。乾燥が遅い、亀裂が入りやすい、カビの生えやすいなどの傾向があります。ランプブラックは昔、ランプから採取したススだったので、この名前があります。絵具メーカーによってその性質は若干異なりますが、おおむね着色力の強い黒です。アイボリーブラックよりも混色に適しています。ピーチブラックまたはバインブラックは元来、植物炭の黒だったのですが、現在では原料の供給と分散の困難なことから、一部の海外メーカーから販売されているだけです。マルスブラックは黒色の酸化鉄で、乾燥性の良い絵具となります。白との混色では物質感のあるグレーを作ります。この顔料は磁気テープによく使われました。

チャコペーパーについて

チャコペーパーとは主に手芸・ソーイングの図案・型紙の複写用に使われる複写紙です。布の他にも紙・木・合成紙・合成皮革・プラスチック・ガラス・陶磁器・金属等色々な素材に使えます。水洗いをすると、写した印や線を消すことが出来るのが最大の特徴です。チャコペーパーは1953年、松井淑が洋裁・和裁で面倒な「糸印」を簡略化しようとして考案・開発されました。これにより、これまで3時間もかかっていた印つけを、数分で正確に行うことが可能になりました。それから約50年の時を経て、現在ではその便利さが広く認められ、デザイナー・パターンナーなどのプロから家庭の洋裁まで、世界中で広く愛用されています。
価格