DIYに最適の本格派オリジナルペイント!

DIYを安全に気軽に楽しむために、原料にこだわった野外向けのオリジナルペイント。登場!

ミルクペイントの特長

5つの注目ポイント
1:森永乳業のミルク原料を使用した天然由来のペイント
2:アメリカントラッドの色調を忠実に再現
3:各メディウムも全て水性で安心安全
4:クリーミーな質感で、伸びがよく塗りやすい
5:マットな仕上がりで、乾燥後は耐水性に

塗れるもの
木部、紙、金属、モルタル ※下地処理にマルチプライマーを使用

塗れないもの
PP、PE等プラスチック類全般、塩ビクロス等の柔らかい素材
(剥離、粘着(ベトツキ)が発生するおそれがあります)

使い方
1:塗れる面の汚れ、油分、ごみなどを取り除いてください。
2:使用前によくかき混ぜて、原液のままご使用ください。
3:筆・刷毛等で塗ります。
4:一度に塗り過ぎないようにしてください。2回できれいに仕上がります。

ミルクペイントforガーデンの特長

5つの注目ポイント
1:お庭やベランダなど屋外でも使用できます。
2:森永乳業のミルク原料を使用した天然由来のペイント
3:落ち着いたアンティーク調の色調を再現
4:各メディウムも全て水性で安心安全、乾燥後は耐水性に
5:クリーミーな質感で塗るやすく、乾くとマットな仕上がり

塗れるもの
木部、紙、金属、モルタル ※下地処理にマルチプライマーを使用

塗れないもの
PP、PE等プラスチック類全般、塩ビクロス等の柔らかい素材
(剥離、粘着(ベトツキ)が発生するおそれがあります)

使い方
1:塗れる面の汚れ、油分、ごみなどを取り除いてください。
2:使用前によくかき混ぜて、原液のままご使用ください。
3:筆・刷毛等で塗ります。
4:一度に塗り過ぎないようにしてください。2回できれいに仕上がります。

メディウム類の特徴

●アンティークメディウム

ブラウンで汚しをつける事で、味のある年代物のような雰囲気に仕上がります。

使い方
1:完全に乾燥したミルクペイントの上に塗装します。使用前によくかき混ぜて、原液のまま使用して下さい。
2:広い面にはウエスにメディウムを少量つけてなじませます。
3:細かいところは刷毛でかすれさせるように塗ります。

●ダストメディウム

ホワイトで汚しをつける事で、ホコリをかぶったような雰囲気に仕上がります。

使い方
1:完全に乾燥したミルクペイントの上に塗装します。使用前によくかき混ぜて、原液のまま使用して下さい。
2:広い面にはウエスにメディウムを少量つけてなじませます。
3:細かいところは刷毛でかすれさせるように塗ります。ホコリのつきやすい場所を重点的に汚すと、粉っぽさが増し、より古びた風合いが出ます。

●クラッキングメディウム

塗膜がひび割れを起こし、長年使い込んだような独特の風合いに仕上がります。

使い方
1:ミルクペイントで下塗りの色を塗り、完全に乾かします。
2:メディウムを塗り、完全に乾かします。
3:メディウムを塗った上に、下塗りの色と違うミルクペイントを塗ります。一回でやさしくゆっくり塗料をのせるように塗りましょう。

●プラスターメディウム

漆喰のような質感で、さまざまなテクスチャーが表現できます。

使い方
1:使用前に棒などでよくかき混ぜた後、使用分のみを出し、原液のまま使用して下さい。
2:バターナイフでバターを塗っていくように、平行に押し当て滑らすように塗っていきます。
3:完全に乾いた後にミルクペイントを塗ります。

●マルチプライマー

下塗りとして使用することで、塗料がのりにくい素材(金属類、ガラス、プラスチックなど)とミルクペイントの密着性を向上させます。

使い方
1:使用前によくかき混ぜてください。原液のままでも使用できますが、刷毛跡を残したくない場合は、0~20%以内の水で希釈してください。
2:厚塗りを避けて薄く1~2度塗りで均一に塗ります。コンクリートやモルタルに対しては、水で20%希釈し使用して下さい。
3:2時間以上しっかり乾燥させてから、ミルクペイントを上塗りしてください。

●トップコートクリア

塗装後に上塗りすることでツヤをあたえ、紫外線や手垢から守ります。

使い方
1:使用前によくかき混ぜて、原液または水で10~20%希釈して使用して下さい。
2:厚塗りを避けて、薄く1~2度塗りで均一に塗ります。
3:乳白色ですが、乾くと透明になり、ツヤが出ます。