ニッカ―珠玉の不透明水彩、デザイナースカラー



ニッカーの不透明水彩絵具製造の歩み

ニッカー絵具は1947年創業以来、一貫としてガッシュやポスターカラーなど不透明絵具の製造に徹してきました。中でもニッカーのポスターカラーは長らくプロに愛され、現在もスタジオジブリをはじめ、多くのアニメスタジオで手描き背景画用の絵具として使われています。



ニッカーの最高傑作、デザイナースカラー

様々なプロから支持を受けているニッカーのポスターカラーですが、そのポスターカラーを超えることを目標に誕生した不透明水彩絵具がデザイナースカラーです。材料にこだわり、添加剤の量を可能な限り抑え、現在の需要に見合った色を再考し製造しました。ニッカーのポスターカラーが深みのある色が多いのに対して、デザイナースカラーは明るく、鮮明な色を揃えています。



デザイナースカラーの特長① 混色しても色がにごりにくい

単色の鮮やかさはもとより、混色しても濁りにくいのがデザイナースカラーの特長です。混色をすることで色鮮やかなオリジナルの色を作る事ができます。



デザイナースカラーの特長② 絵具の伸びがいいので作業性に優れる

デザイナースカラーの伸びの良さは、伸びが良いことで評価を受けているニッカーポスターカラー以上です。 この特性により、デザインなどで多用される平塗りの作業が格段とはかどります。





また、レタリングなどの精密な作業をする際も絵具が掠れることなく細部の表現が生きてきます。適度に水で薄めることでカリグラフィー用の絵具としても国内、国外で多く使われています。





デザイナースカラーの特長③ 印刷面のようにムラの少ない、平滑な色面

一般的な不透明アクリル絵具に比べて高い顔料濃度で製造されているデザイナースカラーは 印刷面のようにムラの少ない平滑な色面を作ることができます。
デザイナースカラーには耐水性はないものの、通常ならムラの出やすい鮮やかな色でも綺麗な色面になりますので、こだわったデザイン制作やイラスト制作にオススメです。









デザイナースカラーの特長④ 様々な水彩技法を楽しめる

デザイナースカラーはバインダーに透明度が非常に高いスーダン産のアラビアガムを使用しています。アラビアガムは水彩絵具全般にバインダーとして使われており、デザイナースカラーも水彩絵具同様に水を多く用いた技法を楽しめます。

ウェット・イン・ウェットは水で湿らせた水彩紙の上に、多めの水で溶いた絵具を塗っていくことで 滲みの効果を楽しめる技法です。(ホワイトワトソン紙を使用)

一度水彩紙に色を塗ってから絵具を乾燥させ、その後水道水で水彩紙上の絵具を流すことで淡い色調を水彩紙に残すことができます。これは、耐水性能がない水彩絵具だからこそできる表現です(ホワイトワトソン紙を使用)。

水彩紙に塗った絵具が乾く前に、布などで部分的に画面を拭くと、その部分の絵具を落とすことができます。 明度の調整や描き直しに使われます(ホワイトワトソン紙を使用)。
デザイナースカラーを多めの水で薄めることによって透明水彩調の表現をすることができます (ホワイトワトソン紙を使用)。 水の代わりに「ポスターカラー復活剤」で絵具を薄めることにより、定着力を強化することができます。
湿らせた紙に2色以上の色を塗り、色の境目を筆で馴染ませることでグラデーションを作ることができます (NEW TMK ポスター紙を使用)。

デザイナースカラーは様々な技法を使って水彩画を楽しむことができます。

デザイナースカラーは様々な技法を使って水彩画を楽しむことができます。

デザイナースカラーの特長⑤ 独特の色味

ポスターカラーより後に生まれたデザイナースカラーは、より現代の需要に見合った色味を取り揃えています。565.クリームチーズ、566.サビグリーン、569.サンフラワー、573.カフェオレ、574.チェリーピンクなどの色がネーミングからも色味からも人気がある色です。





コストパフォーマンスに優れた水彩絵具

デザインからカリグラフィー、水彩表現までできる汎用性の高い絵具がニッカーのデザイナースカラーです。容量あたりの値段では一般的な水彩絵具よりもコストパフォーマンスに優れています。



デザイナースカラー単色 20ML

デザイナースカラー セット

12色セット
18色セット
24色セット



いかがでしたでしょうか。
伸びが良く鮮やかな平塗りだけでなく、様々な水彩技法も実現できる「デザイナースカラー」。ぜひ今までの制作にプラスして、モダンかつ多様な表現をお楽しみください!