タチカワの筆・刷毛・ペインティングナイフ類

タチカワの筆・刷毛・ペインティングナイフ類の商品一覧です。
世界堂では、油彩筆(硬毛)や油彩筆(中・軟毛)油彩・アクリル筆(ナイロン毛・混毛)などもご用意しております。

  • 対象商品:0
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

条件に一致する商品は見つかりませんでした。

水彩筆と油彩筆の違いと特徴

よく聞かれる質問として水彩筆と油彩筆の違いがあります。実は穂先に使用される毛の種類については水彩筆用・油彩筆用という区別はありません。主な違いは筆の柄の長さにあります。水彩筆の場合、キャンバスに描く油彩画に比べると画面の小さな水彩紙に描く傾向にある為、短い柄の方が邪魔にならず描きやすいのです。一方、油彩筆の柄が長い理由はキャンバスが水彩画より大きくなる傾向にあり、キャンバスの遠い箇所でも柄の長さで描く事が出来ます。しかし、水彩画と油彩画では使用する絵具が異なる為、それぞれに適している毛について紹介します。【水彩筆】水彩の表現やテクニックには軟毛の丸筆が一番よく活躍します。軟毛の筆の代表と言えばコリンスキーでしたが、現在、コリンスキー毛が入手しにくくなってきた為、代わりにリス・イタチ・赤馬毛などの柔らかい毛の筆が用いられています。また、天然毛の弾力や描き味に似せたリセーブル(特殊合成繊維毛)が水彩画やアクリル画に広く使われています。【油彩筆】独特の粘りをもつ油絵具は、塗り込んだり盛り上げたりする為、弾力が強く耐久性のある硬毛の豚毛がよく使用されます。また、溶き油などを混ぜ、柔らかくした絵具を塗る為の軟毛筆も必要です。軟毛筆は毛質により、弾力や描き味が異なるので、用途に応じて数種類の毛が使い分けられています。

筆に使用される毛の種類について

筆に使用される毛の種類について硬い順に紹介します。【豚】油絵画筆の代表格です。硬毛で油彩絵具の粘りに負けない弾力と耐久性があり、また一本の毛の先端が2~3本に枝分かれしているのが特徴です。【マングース】豚毛に次ぐ弾力があるやや硬めの毛質です。絵具の含みが良く、タッチを生かした画面作りに適しています。【狸(ラクーン)】絵具の含みが良く毛先に強さがあり、復元性の高いのが特徴です。【雄牛(オックス)】雄牛の耳の毛を使います。軟調で絵具の含みが良く弾力があり、セーブルに準ずる優れた毛質です。【馬】最もポピュラーな筆用の毛です。柔らかい毛質でほどほどの復元性があります。他の動物の毛と混毛する際の副材としてもよく使われています。【リス】柔らかく細かい毛質でセーブルのような弾力はありません。その反面、絵具の含みは抜群で穂先もよくまとまるのが特徴です。【コリンスキー/イタチ】弾力に富んで絵画の含みも良く、軟毛の代表格です。中でもコリンスキー毛は穂先の纏まりが良く、細密な描写に適している「最高級原毛」です。コリンスキーを含めて『セーブル』と総称されています。この他に人工毛として【ナイロン】があります。弾力があり穂先の纏まりが良く、安く量産も出来きます。手入れがしやすいのでアクリル画用によく使われますが、絵具の含みにやや物足りない点があります。

タチカワについて

株式会社立川ピン製作所の歴史は1909年(明治42年)文具界という洋品店を興した創始者 立川泰之助(タチカワの歴史)から始まりました。その後タチカワは1935年(昭和10年)泰之助の精神を受け継いだ先々代 立川俊武が設立・創業し、鋼ペン先・ピン針・ゼムクリップを製造するメーカーとして発足されました。商品は「タチカワペン」の名で全国的に愛用され、日本の文具業界の発展と社会に寄与しました。鋼ペン先、ピン針、ゼムクリップの製造は始めて70年以上が経過しています。現在もプロのマンガ家に愛用されている丸ペン・Gペン・サジペンは、国内で製造しているメーカーが現在2社しかありません。タチカワはその内の一つであり、タチカワおよび日光ブランドの丸ペンの製造を行っています。

世界堂はタチカワの筆・刷毛・ペインティングナイフ類など豊富に取りそろえる通販サイトです。油彩筆(硬毛)や油彩筆(中・軟毛)油彩・アクリル筆(ナイロン毛・混毛)などの商品も取り揃えております。通販購入は画材, 額縁の専門店「世界堂」オンラインショップで。人気定番商品をはじめ専門店ならではの品揃え!

価格