マックスの筆筒・筆巻

マックスの筆筒・筆巻の商品一覧です。
世界堂では、筆・刷毛・ペインティングナイフ類などを幅広くご用意しております。

  • 対象商品:0
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

条件に一致する商品は見つかりませんでした。

筆巻について

筆巻とは細長い竹を糸で繋ぎ合わせてあり、筆を持ち運びする際に使用するアイテムです。巻き寿司を作る際に使う巻き簾に形が似ていますが、片方には紐とその先に[笹止め]という筆巻を固定する為の留め具が付いているのが特徴です。筆巻は主に書道道具として使われますが、水彩筆用としても使用出来ます。筆巻を使う上で特に注意する点は、[長期保存用の道具ではない]という事です。外見ほど通気性が良くなく、水分を含んだ筆を長時間放置するとカビが生える可能性があります。あくまで持ち運び用に一時的に使用するアイテムとなります。価格は総じて高くはないのですが、上質なものほど竹の本数が多くて綺麗に巻く事ができます。しかし、色付きの筆巻は色が落ちやすく、筆や衣服に付着する場合がありますので注意が必要です。

マックスについて

マックスは時代のニーズをいち早く捉え、1952年国産初の小型ホッチキスを開発。以来ホッチキスは、オフィスワークに欠かせない商品として発展し続けています。1946年、卓上ホッチキス「ヤマコースマート」が発売され、当時ホッチキスは文具界の三種の神器の一つと言われていました。ホッチキスが広まっていない戦後間もない時代、書類をとじるにはキリで穴を開け、紐で結ぶのが一般的でした。今では当たり前なホッチキスも当時は画期的な商品でした。しかし、「ヤマコースマート」は卓上用であり、サイズも大きく高額だった為、オフィスでの使用が一般的でした。そこでマックスは「1人1台持ってもらいたい」との想いから小型化の開発をスタート。こうして国産初のハンディホッチキス「SYC・10」が誕生しました。価格もヤマコースマートの半額以下の200円にしたことで、ホッチキスはオフィスから個人へと、徐々に普及しました。その後も改良や新商品の開発を重ね、優れた様々なホッチキス商品を生み出し続けています。

世界堂はマックスの筆筒・筆巻をご用意している通販サイトです。筆・刷毛・ペインティングナイフ類などの商品を豊富に取り揃えております。通販購入は画材, 額縁の専門店「世界堂」オンラインショップで。人気定番商品をはじめ専門店ならではの品揃え!

価格