プラスの油彩筆(硬毛)

  • 対象商品:0
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

条件に一致する商品は見つかりませんでした。

油彩筆の選び方

油彩筆の代表格は豚毛です。油絵具は水彩絵具と異なり独特の粘りがある為、絵具を塗り込み盛り上げる為に、弾力が強く耐久性のある豚毛が良く使われます。もちろん、作風や制作過程において溶き油などを混ぜ、やわらかくした絵具を塗る為の軟毛筆も必要です。軟毛筆は毛質により弾力、描き味が異なるので、用途に応じて数種類の毛が使い分けられています。硬毛筆(豚毛)で最も多用される平筆には、[フィルバート型]と[フラット型]があります。フィルバート型は、フラット型を使い込んだ形に最初から作ってありますので、特に初心者には使いやすい筆です。平筆のサイズは16号・12号・8号・4号・0号を各2本くらい、丸筆のサイズは12号・6号・2号前後のものを各2本くらい揃えると良いでしょう。また軟毛筆に関しては作画意図により異なりますが、豚毛に準じて揃えるなら12号・4号・0号を各1本位揃えます。軟毛筆はコリンスキーやイタチ毛のものから馬毛のものまで種類も多く、使用感や価格も異なりますが、大事に使う筆として、やはり良いものから揃えたいものです。

豚毛での穂先の作り方

豚毛は自然にカーブしています。その毛のクセを利用して筆の穂先を形作っています。穂先の作り方の代表的な方法として【マキ製法】カールした毛を内向きに円陣を組んだように揃え穂先を作ったもので、先のまとまりが良いです。【あわせ製法】カールした毛を一定方向に揃え2等分して双方を内向にあわせて穂先を作ったもの。フィルバートやフラット型を作る時に優れた製法です。この他に、豚毛のクセを完全に取り、円錐形の容器に毛を入れて形を作る方法などもありますが、毛にコシがなく、油もないため折れやすい筆になってしまう為、あまり普及していません。

プラスについて

プラス株式会社の歩みは、1948年、東京で事務用品卸を営んでいた今泉商店と鈴木商店が合併して設立した千代田文具株式会社が、1959年に商号変更したときに始まります。プラスグループは創業からこれまで、文具・事務用品やオフィス家具の製造をはじめ、流通や物流の業界においてのブランドを確立し、着々と発展を続けてきました。オフィスやパブリック、学校・病院・福祉といった仕事空間を快適で楽しくスマートに「ワーク」から「プレイ」する空間に変え、作業から創造する空間に変えていく。人が働く空間に新しい価値を生み出すことを理念に、プラスグループでは世界中の人々により快適で楽しい仕事空間と生活文化を実現する商品・サービスを提供し続けています。また、子供から大人まで皆の日常生活に商品やサービスが溶け込み、より快適に過ごせる習慣となり、さらには独自の文化にまで発展するようなモノとコトづくりを掲げています。
価格