ナムラの油彩筆(硬毛)

  • 対象商品:8
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

油彩筆の選び方

油彩筆の代表格は豚毛です。油絵具は水彩絵具と異なり独特の粘りがある為、絵具を塗り込み盛り上げる為に、弾力が強く耐久性のある豚毛が良く使われます。もちろん、作風や制作過程において溶き油などを混ぜ、やわらかくした絵具を塗る為の軟毛筆も必要です。軟毛筆は毛質により弾力、描き味が異なるので、用途に応じて数種類の毛が使い分けられています。硬毛筆(豚毛)で最も多用される平筆には、[フィルバート型]と[フラット型]があります。フィルバート型は、フラット型を使い込んだ形に最初から作ってありますので、特に初心者には使いやすい筆です。平筆のサイズは16号・12号・8号・4号・0号を各2本くらい、丸筆のサイズは12号・6号・2号前後のものを各2本くらい揃えると良いでしょう。また軟毛筆に関しては作画意図により異なりますが、豚毛に準じて揃えるなら12号・4号・0号を各1本位揃えます。軟毛筆はコリンスキーやイタチ毛のものから馬毛のものまで種類も多く、使用感や価格も異なりますが、大事に使う筆として、やはり良いものから揃えたいものです。

豚毛での穂先の作り方

豚毛は自然にカーブしています。その毛のクセを利用して筆の穂先を形作っています。穂先の作り方の代表的な方法として【マキ製法】カールした毛を内向きに円陣を組んだように揃え穂先を作ったもので、先のまとまりが良いです。【あわせ製法】カールした毛を一定方向に揃え2等分して双方を内向にあわせて穂先を作ったもの。フィルバートやフラット型を作る時に優れた製法です。この他に、豚毛のクセを完全に取り、円錐形の容器に毛を入れて形を作る方法などもありますが、毛にコシがなく、油もないため折れやすい筆になってしまう為、あまり普及していません。

ナムラについて

名村大成堂は、昭和15年(1940年)に創業し、書道筆、日本画筆、水彩油彩筆などの製造販売を始めました。それと同時に製造販売のみならず、製品の品質向上を目指して、製筆技術の研究も独自に行うべく日本毛筆研究所を設立しました。昭和24年(1949年)には、初代社長の名村春雄が当時の文部省(現在の文部科学省)から文部省学童資材審議委員の辞令を受け、毛筆画筆の専門委員として規格制定などに努めてきました。このように名村大成堂は、創業当時から日本の筆作りに深く繋がり、品質の向上とその維持に大きく関わって参りました。そこには、高品質を信条とした名村筆の技術が大いに寄与しています。
価格