ナムラのパステル・色鉛筆・ペン類

  • 対象商品:1
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

色彩表現のルーツを辿る

ここでは人類の色彩表現のルーツを辿ります。人類は数万年もの昔から絵を描いており、顕色材である顔料と展色材である樹脂や油を駆使してその時代を代表する名作を作り上げてきたのです。最も古い方法としては、身近な土や鉱石を粉にして水や動物の膠、木の脂で練り上げ、洞窟の内部に描画した壁画があります。この流れを汲むものとして、消石灰の壁をつくり、顔料を水で溶いて描画をする「フレスコ画」があります。このフレスコは新鮮なとか新しいという意味のイタリア語です。石灰の壁は炭酸カルシウムとなり耐久性のある画面をつくります。この描画法は壁の吸収力と皮膜の形成を利用するものですが、顔料に接着力のある糊剤を混合した絵具であればもっと自由に描画が出来ます。それ自体に接着力を持つ糊剤と顔料を混ぜ合わせた絵具を用いた代表的なものが、顔料に膠を入れた「膠画」、日本では「日本画」と呼ばれている描画法です。膠は少ない量で顔料を固定出来るので、顔料の本来の色を損なわずに描けます。この膠に似た糊剤に卵があり、それを用いた絵具を一般に「テンペラ絵具」、それで描いた作品を「テンペラ画」と呼びます。テンペラとは複数の材料をきちんと計量することを意味しており、それはまさしく顔料と展色材を計量・混合する絵具の様子を表しています。この広義に対し、狭義の意味では、展色材に卵を使用したものにテンペラという語を適用しています。膠や卵は動物性蛋白質でかなり昔から使用されてきましたが、植物から得られる樹脂[アラビアゴム]は水に容易に溶け、腐敗も少ないので水彩絵具の展色材として現在も重要な位置を占めています。アラビアゴム濃度が高いと「透明水彩絵具」、濃度が低ければ「不透明水彩絵具」となります。テンペラ絵具のような水性の絵具は乾燥が早く表現上不便な点がありました。そこで、表現の容易な顔料を油で練った「油絵具」が登場してきます。油絵具は乾燥がゆっくりで透明性もあり、また肉厚の表現もできて画家の要望に的確に応えることができたのです。油絵具における作品の中でも肖像画は大半を占めていますが、16世紀頃はとても高価なものでした。そこで、手軽に肖像画を描くための材料として顔料を水性糊で練り固めた「パステル」が活用されるようになります。20世紀には合成樹脂が絵具の展色材として採用されます。いわゆる「アクリル絵具」です。アクリル絵具は水で溶解し、さまざまなものに自由に描くことができ、かつ耐久性のある画面ができます。そして従来には出来なかった新しい表現が開発されていくのです。

ナムラについて

名村大成堂は、昭和15年(1940年)に創業し、書道筆、日本画筆、水彩油彩筆などの製造販売を始めました。それと同時に製造販売のみならず、製品の品質向上を目指して、製筆技術の研究も独自に行うべく日本毛筆研究所を設立しました。昭和24年(1949年)には、初代社長の名村春雄が当時の文部省(現在の文部科学省)から文部省学童資材審議委員の辞令を受け、毛筆画筆の専門委員として規格制定などに努めてきました。このように名村大成堂は、創業当時から日本の筆作りに深く繋がり、品質の向上とその維持に大きく関わって参りました。そこには、高品質を信条とした名村筆の技術が大いに寄与しています。
価格