ホルベインの修正用品(消しゴム・練りゴム・修正ペン)

  • 対象商品:1
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

修正用品(消しゴム・練りゴム・修正ペン)の新着商品

消しゴムの歴史

16世紀に鉛筆が誕生したのをキッカケに鉛筆で書いた文字や線を消す道具も登場しました。しかし、はじめは良い消し道具が無く、小麦パンを使って消していたようです。その後、1770年に酸素の発見者で有名なイギリスの化学者プリーストリーが、天然ゴムで鉛筆の文字が消せることを発見しました。また1772年にはイギリスで初めて角砂糖くらいの大きさの消しゴムが売られるようになりました。この消しゴムは「rub out」(こするもの)と呼ばれましたが、これが現在ゴムを意味する「rubber」の語源となっています。その後、消しゴムはイギリスからフランスへ、さらに全ヨーロッパから全世界へと広まっていきました。

プラスチック消しゴムは日本が発明

日本でも、明治時代に鉛筆が多く使われるようになると、それに伴い消しゴムも必要とされるようになっていきました。大正時代にはいくつかの消しゴムメーカーが誕生し、日本でも消しゴムが作られるようになります。その後、消しゴムの消す力を高める研究を続けた日本のメーカーは、1959年に世界のどの国よりも早く「プラスチック消しゴム」を発売しました。

MONO消しゴムはオマケだった?

(株) トンボ鉛筆が販売している青・白・黒のストライプが有名のMONO消しゴム。誰でも一度は使った事があるのではないでしょうか?実はMONO消しゴムは当初、最高級鉛筆[MONO100]のおまけとして付けていたのが始まりです。おまけとして付けていたMONO消しゴムですが、多くの利用者から良く消えるという理由でMONO消しゴムの販売を希望する声が寄せられ、遂に1969年に消しゴムだけで発売されました。ちなみに、「MONO」とは、「唯一の」「無類の」という意味の言葉だそうです。

練り消しゴムの特徴について

【バニー イージークリーナー】【ホルベイン ネリゴム】等はデッサンに適した専用の練り消しゴムです。一般的なプラスチック消しゴムとは特徴と使い方が異なります。まず、練りゴムは合成ゴム・炭酸カルシウムを原料に造られており、使い始める前に練って伸ばして軟らかくする必要があります。その後描いた表面を軽く叩いたり、撫でることで鉛筆の粒子を「吸着して」消していきます。画面への当て方を調整することで、繊細なタッチで消すことが出来るのが特徴です。この消し方の違いにより練りゴムは消しカスが出ず、使っていく内に全体が黒ずんでいくのです。デッサンにおける練りゴムは消すというよりも「白を描く為の道具」であり、ハイライトやグラデーションの調整をする際に使用します。逆に強く濃く描かれた線を一気に消す事には不向きです。消す場面に併せてプラスチック消しゴムと併用することで、よりメリハリの利いた奥深い画面のデッサン画を描くことが出来ます。

ホルベインについて

1900年(明治33年)吉村峯吉による大阪中之島において「吉村峯吉商店」の設立が、ホルベイン各社の礎となりました。1946年(昭和21年)「ホルベイン工業株式会社」設立、1951年(昭和26年)「ホルベイン画材株式会社」設立を経て、1999年(平成11年)創業100周年を迎えました。ホルベインでは油絵用で164色、水彩画用で108色もの絵具を商品化するため、その使用顔料の数はゆうに200種類を超えています。例えば同じ黒色でも「アイボリーブラック」は動物の骨から作った炭、「ランプ ブラック」は油煙、「ピーチブラック」は有機顔料を使用しています。塗料メーカーも含め、これ程多くの顔料を扱っているメーカーは類を見ません。それはすなわち、画家が必要とする絵具にひたすらこだわり続けてきたホルベインの長い歴史の産物です。1900年、吉村峯吉が創業した当時の事業は文具の卸・小売でした。絵具に携わりだしたのは清原定謙に代がわりして以降のことになります。それまでも国内メーカーの絵具を販売していましたが、自社でも開発したいという思いを具現化すべく、清原は復員後の1946年に絵具製造のホルベイン工業を創設。その5年後には絵具以外の筆やパレット、スケッチブックなどを扱うホルベイン画材の設立へと至りました。その後も試行錯誤を繰り返しながら、徐々に高級絵具メーカーとしての地位を確立し、現在へ至ります。
価格