ぺんてるの修正用品(消しゴム・練りゴム・修正ペン)

  • 対象商品:3
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

消しゴムの歴史

16世紀に鉛筆が誕生したのをキッカケに鉛筆で書いた文字や線を消す道具も登場しました。しかし、はじめは良い消し道具が無く、小麦パンを使って消していたようです。その後、1770年に酸素の発見者で有名なイギリスの化学者プリーストリーが、天然ゴムで鉛筆の文字が消せることを発見しました。また1772年にはイギリスで初めて角砂糖くらいの大きさの消しゴムが売られるようになりました。その後、消しゴムはイギリスからフランスへ、さらに全ヨーロッパから全世界へと広まっていきました。

プラスチック消しゴムは日本が発明

日本でも、明治時代に鉛筆が多く使われるようになると、それに伴い消しゴムも必要とされるようになっていきました。大正時代にはいくつかの消しゴムメーカーが誕生し、日本でも消しゴムが作られるようになります。その後、消しゴムの消す力を高める研究を続けた日本のメーカーは、1959年に世界のどの国よりも早く「プラスチック消しゴム」を発売しました。

MONO消しゴムはオマケだった?

(株) トンボ鉛筆が販売している青・白・黒のストライプが有名のMONO消しゴム。誰でも一度は使った事があるのではないでしょうか?実はMONO消しゴムは当初、最高級鉛筆[MONO100]のおまけとして付けていたのが始まりです。おまけとして付けていたMONO消しゴムですが、多くの利用者から良く消えるという理由でMONO消しゴムの販売を希望する声が寄せられ、遂に1969年に消しゴムだけで発売されました。ちなみに、「MONO」とは、「唯一の」「無類の」という意味の言葉だそうです。

ぺんてるについて

ぺんてるという社名は、ペインディング(えのぐ・くれよんなどで絵を描くこと)と、パステル(固形描画材)を合わせたことが由来です。画材専門メーカーとして創業したことからつけられました。また、筆記具の総称のペン(Pen)と、「伝える・表現する」のテル(Tell)の意味も含み、ぺんてるの製品や事業内容を象徴する社名となっています。ぺんてるでは「表現」について、正確さを競い、描写力を誇示することではないと考えています。「表現」とは、その人が生まれ持った感性を発揮する事、その人が今想っていることを具現化する事、そして表現によってその人自身が磨かれていくプロセスを踏まえ、広く捉えるべきものです。 そんな想いを短い言葉に込め、「Discover the best」をコーポレートステートメントに掲げています。この言葉には商品を使う“お客様自身のベストを探求してほしい”という想いと、お客様が最高の表現を実現するために「最高の技術(Technology)」、「最高の品質(Quality)」、「最高の書き心地(Feeling)」を導き出していくぺんてるのものづくりに対する決意表明を込めています。
価格