ラウニーのパステル・クレヨン

  • 対象商品:2
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

クレパスの歴史とクレヨン・パステルとの違い

クレパスとは1925年にサクラクレパスが開発した画材です。クレパスを開発する直接のきっかけとなったのは、「クレヨンをより描きやすい描画材料に改良したい」という思いからでした。クレパスはよくクレヨン・パステルと比較されますが、クレヨンというのは、本来は顔料を固形ワックスで練り固めたものです。しかし、現在では日本製のクレヨンには顔料と固形ワックスだけでなく、その他に体質顔料と液体油も混ぜてよりなめらかに描きやすいよう軟らかめにさせています。ただし、海外では体質顔料と液体油を混ぜない本来の硬いクレヨンが依然として主流のようです。日本では大正時代にクレヨンが作られ始めましたが、当初は顔料を固形ワックスだけで練り固めたものだったので、[硬い][塗った紙に定着する][艶がある][手にベとつかない]などの長所が歓迎されました。その反面では硬くて滑りやすいという性質上、描画のときには線描が中心となるので表現に限界がありました。しだいにパステルのように画用紙の上で混色したり、伸ばしたりすることができるなど、高度で幅広い描画効果が得られる性質をもったクレヨンが求められるようになっていきました。しかし、パステルは顔料を結合材で固めただけの描画材料なので、紙などの表面の凹凸に顔料が擦り付けられているだけの状態です。この為、しっかり定着していない顔料がはがれ落ちないよう、仕上げにフィキサチーフという定着液を霧状にして吹き付けるという後処理が必要になります。そこでパステルのように自由に混色ができ、のびのび描け、クレヨンのように後処理の手間がなく、しかも油絵具のようにべっとり塗れて画面が盛り上がるような描画材料の開発が進められました。さまざまな試行錯誤が繰り返されて完成した「クレパス」は、クレヨンの「クレ」とパステルの「パス」をとって命名され、その商品名は商標登録されました。このときのキャッチフレーズが「クレヨンとパステルそれぞれの描画上の長所を兼ね備えた新しい描画材料」でした。

ラウニーについて

イギリス最高級のアート画材の製造業者であるラウニー社の評判は、約230年前に遡ります。1783年、リチャードとトーマス・ラウニーがロンドン中心部へ引っ越し、香水とウィッグパウダーを販売する施設を開設した時に、ラウニー社は設立されました。その後ウィッグの着用が不可能と判断された為、ラウニー社はその活動を改め、アーティスト用の画材類を制作することに切り替えました。その後彼らは注目に値する成功を収め、ConstableやTurnerなどの有名アーティストを支援しました。19世紀と20世紀の間に、ラウニー社は何度もロンドンの周りを移住しました。そしてこの間ずっと油絵具・水彩絵具・アクリル絵具・筆・パステル等の製造と生産において、多くの改良を成し遂げました。
価格