コンテのカッター・ハサミ類

  • 対象商品:0
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

条件に一致する商品は見つかりませんでした。

NTカッターの刃ができるまで

カッターナイフの材料は、一般用途向けには刃物用合金工具鋼を使いますが、その他の材料としては、切断する対象や形状によってSUS420J-2、GiN-5、SKS-7という耐蝕性や硬度や靭性(粘り強さ、しなやかさ)を高めた鋼を使います。ここではこのうちの一般用途向けのカッターの刃について、その作り方を紹介します。【1.材料】材料となる鋼材の厚さは、0.38mmですがこの時点ではまだやわらかい状態なのでコイル状に巻かれています。それをまずプレス加工することから、カッターの刃の製造は始まります。【2.プレス加工】プレス用金型を使い、穴(スライダーに固定する穴)、折れ線、社名、型番マークをプレスしていきます。この場合、材料が連続ロール状のため、順次送り込みを1/100mmの精度で調整する必要があります。そして再びロール状に巻き取ります。【3. 熱処理行程】プレス・洗浄されたロール材を、850~1100℃の加熱炉に送り込んで加熱し、そして直ちに冷却装置で冷やします。この加熱・冷却は材料の硬度を高めるための処理ですが、それだけでは硬いものの脆い刃になってしまいます。そこでこの材料をもう一度加熱炉に送り込んで、今度は焼きなましを行い、材料の組織を均一に並べて耐脆性を向上させるのです。【4. 刃付け】カッター刃製造の最後の加工は研磨ですが、ここではいろいろな砥石を使い分けて、刃先部分を表裏同時に刃付けを行います。【5. 切断】センサーで穴の送り速さを測定し、同調させたパンチが下りてきて連続刃が単刃に切断されます。【6. 検査⇒完成】検査工程では、硬度、靭性、刃角度、重ね切りなどを各試験機で行いますが、紙切りテストでは検査員の感覚がものをいうのです。つまり紙を縦に持ち、そこに刃を滑り込ませて切れ味を感覚的に判断するわけですが、カッターは刃先が鋭いとか、刃全体が鏡面のように滑らかならば必ずしも切れ味が良いと限りません。そこには長年の経験により研ぎ澄まされた感覚が大切で、試験機によるデジタルデータだけでは割り切れないものがあるのです。

コンテについて

1795年、ニコラ・ジャック・コンテは、14世紀頃のイタリアの画家たちが使っていた棒状絵具の改良品を作り出すことに成功しました。それ以来、多くのアーティストや巨匠たちがコンテ・ア・パリのパステル「カレ・コンテ」を愛用してきました。スケッチ用に開発された「カレ・コンテ(スケッチ)」は14色のパステルで、スケッチによく使われる赤茶系・グレー・黒茶系のカラーを揃えています。ブラックとホワイトには3種類の硬度があり、スケッチ用に最適です。カレ・コンテは非常に柔らかく、天然顔料(第二酸化鉄・カーボンブラック・二酸化チタン)、クレー(カオリン)、バインダー(セルローズエーテル)から構成されています。角度を変えれば細いラインから太いラインまで、自由自在に描くことができます。また横に寝かせて使えば広くベタ塗りをすることもできます。コンテ・ア・パリ ソフトパステル、パステルペンシルと併用することも可能です。
価格