サム・トレーディングの木枠・画布・ロールキャンバス

  • 対象商品:0
大カテゴリー
小カテゴリー
メーカー・ブランド
価格

条件に一致する商品は見つかりませんでした。

木枠・画布の種類について

張りキャンバスに用いられる木枠は主に次の3種類です。【杉材】丈夫で反りや曲がりに強いのが特徴です。張ったキャンバスを剥がして張り直すにも十分な強度です。【桐材】とても軽量で防虫作用に優れています。反面、強度の面では劣り、張り直しにはほとんど向きません。【集成材】杉や桐を集成しているので反りなどが無く、純粋な杉材よりも安価な上に軽量です。続いて、張キャンバスに用いられる画布は主に次の4種です。【麻】とても丈夫で、また乾性油に対しての耐性もあるため、古くから油採用のキャンバス画布として用いられてきました。【綿】コットンの画布は麻よりも白く伸縮性に優れています。アクリル画用の画布として発展してきました。【化繊】ポリエステルやビニロン繊維を用いて織られた画布で、油彩・アクリルなど幅広く対応します。【混紡】麻と化繊、綿と化繊など2種類の糸が混紡されており、安価で幅広い用途に対応します。

木枠と画布のダメージ要因

木枠には主に次のダメージが起こります。【反り】木枠自体の強度、画布との関係、または湿度の問題により木枠が曲がったり反ったりします。【割れ】木枠自体の強度、または保管や運搬時に強い衝撃が加わることで木枠に割れが生じます。一方、画布には主に次のダメージが起こります。【シワ】湿度の問題による画布の伸縮や、誤ったキャンバスの張り方などによりシワが発生します。【破れ】画布自体の強度(伸縮性)、保管や配送時に外部からの要因で画布が破けてしまいます。木枠や画布の強度的な問題は材質にもよりますが、製作または保管中の取扱いによってはダメージを負ってしまうことがあります。ダメージ要因として木枠と画布には共通して「湿度の影響を受ける」という事を覚えておいてください。

サム・トレーディングについて

1994年に事業発足し、コミック用品を中心に製造・販売を行ってきました。その後1997年から額縁の事業を開始。オーダーフレームのシステムはヨーロッパのモールディングをメインに取り扱っています。オーダー品は国内自社工房にて職人が1組ずつ丁寧に製作しています。規格サイズで販売されている額縁は、人気のオーダーフレーム(モールディング)からピックアップしたものであり、お求めやすい価格となっています。既成のフォトフレームは、イタリア・スペイン・日本などの工場で作られたフレームを自社工房で加工の後販売しています。
価格