好評発売中!機械塗り クレサン フナオカ麻ロールキャンバス

かつてフナオカ(日本画材工業)では、自社の手加工キャンバスの特性・良さを可能な限り再現した 特製の機械塗りキャンバスを製造していました。
現在はその独自のノウハウを全てクレサンジャパンが引き継ぎ、「フナオカ機械塗りキャンバス」の製造を再開しています。また 塗料の配合だけでなく、製造機械をクレサン工場へ輸送し完全再現しました。素材生地は亜麻100%で、目止め処理後に、アクリル樹脂に白色顔料(酸化チタン・炭酸カルシウム他)で地塗りが施されています。油彩画・アクリル画のどちらの描画にも適しており オールマイティに使用できます。

キャンバス地塗り作業の機械化

日本画材工業(株)で 手作業で行われていたキャンバスの地塗り作業。粗面なキャンバス生地の、自然な目の粗さをできるだけそのまま残すように反復塗装をする技法が、生地の風合いを生かして描く為に効果的とされていました。この作業工程の特色を可能な限りそのまま引き継いだ機械塗りを採用しているのが クレサン「フナオカロールキャンバス」です。

バリエーション・サイズ展開

キャンバス地は「中目」「中目厚口」のもの2種類を展開しており、「中目」は145cm・175cm巾、「中目厚口」は205cm巾をそれぞれ10M巻でご用意しております。
●ADF…中目・145cm×10M
●ANF…中目・175cm×10M
●K…中目厚口・145cm×10M/175cm×10M/205cm×10M

日本画材工業(株)の手作りキャンバスを忠実に再現した「フナオカロールキャンバス」は、国内外・プロ・アマ問わず 多くのユーザーから長く愛用されている製品です。機械製造とすることで価格を抑えつつも 手加工のキャンバスの特徴を受け継いだフナオカキャンバスを お試しください。