製紙技術のパイオニア ダヴィンチも愛した紙

ファブリアーノ社が作っているブロック水彩紙の新たなラインナップを取り扱いを始めました。
ファブリアーノ社とブロック水彩紙の商品ラインナップを紹介いたします。

アルティスティコ(エキストラホワイト)

最高品質の水彩紙。モールドメイド製法によるコットン100%の強度と耐久性は、あらゆる技法に応えてくれます。また、理想的な保水性による絵具の滲みやぼかしがしやすく、純白の紙は絵具の美しい発色を最大限に生かしてくれます。各種水性絵具やインク、鉛筆、ドローイングなどに最適です。

ファブリアーノ5

原料に選りすぐりのコットン50%を使用し、中性紙なので劣化の心配がありません。純白の紙色は、絵具の発色を鮮やかに美しく発色させ、適度な保水性はにじみやぼかしをきれいに発生させます。各種水性絵具やインク、鉛筆ドローイング、版画(銅板、リトグラフ、シルクスクリーン)などに最適です。

ウォーターカラー

変色の原因となるリグニンを含ませないセルロース(パルプ)とコットン25%の紙。パルプは無塩素漂白(ECP)を100%使用し、FSC認証に順守した環境影響に配慮した紙です。適度な保水性で初心者でも使いやすく、各種水性絵具やインク、鉛筆ドローイングなどに最適です。

ファブリアーノ社について

ファブリアーノ社は創業1264年。製紙会社の中で最も古く、より優れた製紙技術を持っているともいわれる、欧州随一の老舗メーカーです。何世紀にもわたって市民に愛され、またミケランジェロやラファエロ、ベートーベンなど多くの芸術家も高く評価し愛用したことで、ファブリアーノの紙は高品位なものとして、世界中にその名が広まりました。

ファブリアーノ社の環境への取り組み

ファブリアーノ社では、植林から採取したセルロースを購入、FSC®認証に順守した取り組みを行っているとともに、非繊維性原材料およびひじょ材料は、使用前、使用中、使用後の特性を考慮しながら慎重に選び、環境への影響を最小限に抑えつつ、安全性にも最大限に考慮しています。また、製紙業界で「第2の原料」とも言われる水は、消費を大幅に削減し、再生可能エネルギーである「事故生成水力発電」を多くの製造工程に利用することで、環境に考慮した取り組みをおこなっています。

手漉き紙がいまだ生産されている歴史的な工場と並び、超近代的な産業プラントも併せ持つファブリアーノ社。長年の知識と技術に現代の最新技術をリンクさせることで、最高品位の紙を提供し続けています。